麗しの35歳 Vol.10

「欲しいものは絶対に手に入れる」美しさとキャリアを兼ね備えた35歳の宣戦布告

女性の結婚率は、35歳を境に急激に下降する。

だがしかし。そんな悲観を抱くことは一切なく、麗しき独身人生を謳歌する女がいた。

恭子、35歳。

彼女が歩けば、男たちは羨望の眼差しで振り返り、女たちは嫉妬する。恭子は一体、何を考えているのか?

外資系ラグジュアリーブランドで働く恭子と、部下の周平は一度は距離を縮めたものの、周平の元彼女・瑠璃子の仕掛けた罠にまんまとはまっていく。

そして瑠璃子は、失恋した周平を慰め、自分のマンションに連れて行くのだった。


「瑠璃子、おはよう。さっきね、恭子さんとすれ違ったんだけど、今日も最高に美人だったぁ」

いつもより遅めの時刻にオフィスに到着すると、PRの同僚がすかさず私の元に駆け寄ってきた。

彼女は社内でも1、2位を競う恭子さんファンで、その様子はさながら教祖様を崇拝する信者だ。

私は彼女に冷ややかな視線を送った。

「そう?美人で若々しい30代の女なんて、他にもごまんといるじゃない」

「瑠璃子はわかってない。恭子さんの素敵なところは、見た目だけじゃないのよ。あれだけ綺麗なのにキャリアも見事で、ほんとに憧れる」

同僚は少しムキになってそう言った。

キャリアか…。

正直、彼女の言うことにも恭子さんの生き方にも全く共感ができない。責任も重圧も、男に尻込みされるような役職もまっぴらごめんだ。それなりのやり甲斐にそこそこの給料。ポジションなんてなくても今を生きるのには十分なのだ。

「おはよう」

噂をすれば、恭子さんだ。彼女は部下たちに笑顔で挨拶をしながら、席に着いた。

同僚がふと、私を見て首をかしげる。

「ところで瑠璃子、いつも出勤は早めなのに今日はどうしたの?寝坊?」

私は待ってましたとばかりに声をはりあげる。

「実は、昨夜周平が泊まりに来てて…朝一緒に家を出てきたからバタバタだったのよ」

私の声は恭子さんに届いただろうか。ちらりと目を遣ったが何食わぬ顔でPCに向き合い、メールチェックをしている。

「ええーー!瑠璃子、ついに周平君とヨリ戻したの?おめでとう!!」

オフィスに響き渡った同僚の声。今度は否が応でも聞こえたはずだ。恭子さんの眉がわずかに動いたのを見逃さなかった。

【麗しの35歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo