麗しの35歳 Vol.3

「若さと愛嬌が最強の武器」と信じていた女を叩きのめした35歳、大人の魅力

女性の結婚率は、35歳を境に急激に下降する。

東京で、まことしやかにささやかれる言葉だ。

他にも、身体の変化、実家の問題、将来への不安と、目を背けたいことが増えてくる年齢でもある。

だがしかし。そんな悲観を抱くことは一切なく、麗しき独身人生を謳歌する女がいた。

恭子、35歳。

彼女が歩けば、男たちは羨望の眼差しで振り返り、女たちは嫉妬する。

恭子は一体、何を考えているのか?


これまでは、恭子の新卒時代の同期・なつみや、部下・周平が登場。

今日は外資系ラグジュアリーブランドで働く周平の元彼女・瑠璃子が、20代の女の目線から、恭子について語る。


「瑠璃子ちゃんは、いいなあ。若くて可愛くて、まだまだチャンスもいっぱいあって」

PRチームの女性陣で『クリスタ』でランチをしていたときのこと。先輩の理奈さんが不意に私に向かって言った。

「それに比べてあたしなんて!先週の食事会、散々だったの」

理奈さんは豪快な調子で自虐ネタを披露している。

—また始まっちゃったね、理奈さんの自虐。

チームメンバー同士で目配せをしながら、苦笑いする。

理奈さんも、せめてもっと凛としていればいいのに。そう、例えば、恭子さんみたいに。

恭子さんと理奈さんは、同じ35歳。理奈さんが今も独身な理由には誰もがなんとなく心当たりがあるけれど、恭子さんに関しては別だ。

皆が首をかしげて口々にこう言う。

「恭子さん、あんなに美しくて完璧なのに、どうして独身なんだろう?」

どうして誰も気がつかないんだろう。恭子さんは高嶺の花と崇められるがあまり、皆に敬遠されて婚期を逃し、キャリアばかり登り詰めてしまった典型的なパターンじゃないか。

「私、ちょっと寄るとこあるからお先に」

理奈さんの話に飽きた私は、一足先に店を出て、コーヒーを買いに立ち寄ることにした。

【麗しの35歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo