麗しの35歳 Vol.1

麗しの35歳:ありふれた結婚に落ちついた女は、彼女の前で恐れおののく。35歳、恭子見参!

女性の結婚率は、35歳を境に急激に下降する。

東京で、まことしやかにささやかれる言葉だ。

他にも、身体の変化、実家の問題、将来への不安と、目を背けたいことが増えてくる年齢でもある。

だがしかし。そんな悲観を抱くことは一切なく、麗しき独身人生を謳歌する女がいた。

恭子、35歳。

彼女が歩けば、男たちは羨望の眼差しで振り返り、女たちは嫉妬する。

恭子は一体、何を考えているのか?


今日は、恭子の新卒時代の同期・なつみが既婚者の目線から恭子を語る。


「なつみ、こっちこっち!」

甲高い声で名前を呼ばれた先に目をやると、テーブルには大きく手を降る2人の女の姿があった。

今日は、新卒時代の元同期メンバーで食事をするため、ここ『トゥールームス グリルバー』に集合している。

私は大学卒業後、某外資系ラグジュアリーブランドに就職した。世界の誰もがご存知の、一流ブランドだ。

同期100名のうち、今でもこうして親交が続いているのは、内定者時代に意気投合した4人組。

当時は大流行していた海外ドラマに憧れて、自分たち4人組のことを「SATC会」とか名付けてはしゃいでいた。

私は、入社3年目にして寿退社した。広告代理店で働く5歳年上の夫とは食事会で知り合って、交際1年で結婚。結婚後はすぐに子供を授かった。

あれから12年。

今目の前にいる2人も、30歳目前に滑り込むように結婚を決めて、落ち着いた。

もうあの頃のキャリーもミランダも、ここにはいない。

「そうそう、今日は遅れて、恭子さんも来られるって!」

その名を耳にし、メニューを選ぶのに没頭していた私は思わず顔をあげた。

「えっ、あの、恭子さんが…?」

【麗しの35歳】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo