彼女になれて、妻になれない Vol.2

彼女になれて、妻になれない:私はお金を使うに値しない女?元彼の、割り勘デートの理由

元彼の結婚。

適齢期の女性にとって、これほどまでに打ちのめされる出来事があるだろうか。

元彼がエリートだったら、なおさらだ。

どうして私じゃなかったの。私になくて、彼女にあるものって何?

東京で華やかな生活を送るエリートたちが、妻を選んだ理由、元カノと結婚しなかった理由を探ってみる。

先週は、元彼・雄一郎から「結婚するつもりだった」と衝撃告白された奈緒・29歳。今週登場する元彼、俊樹は何を語るのか?


「え!? 俊樹が結婚!?」

奈緒は、Facebookで繋がっていたことすら忘れていた元彼・俊樹の結婚を、共通の友人の投稿で知った。

「はあ、まただ…」

絶望しながら、奈緒の手は自動的に俊樹の妻・優希のページを探す。

そして辿り着いた先で、奈緒は信じられない光景を目にした。

奈緒の元彼の中でも群を抜いて羽振りの悪かった俊樹がなんと、妻の優希には、まばゆい輝きを放つハリー・ウィンストンを贈っているではないか。



俊樹は外資系コンサルで働く高給取りなのに、とにかくお金を出し惜しんだ。

食事代はきっちり徴収。

誕生日プレゼントの予算は2万円。2万円以上のものが欲しい場合は、差額を奈緒が支払うという謎システム。

「もし結婚するとしても、俊樹がくれる指輪なんてたかが知れてる。期待するだけ無駄」と思っていた。

そんな俊樹がハリー・ウィンストンだなんて、正気だろうか。

ーきっと、奥さんが勝手に買ってきたんだわ。
ー奥さん、超わがままなのかしら?そんな奥さんにつかまってご愁傷様。

妻の優希を悪者扱いする理由を探すが奈緒だが、ふとある考えが頭をよぎった。

「優希さんは、ハリーウィンストンに値する女で、私はそうでない女……?」

その時、当時考えていた疑惑が頭の中でフラッシュバックした。

俊樹にとって奈緒は、お金をかけるに値しない、つまり本命ではなかったのだろうか?

【彼女になれて、妻になれない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo