彼女になれて、妻になれない Vol.10

ブランド品で戦うのは止めた。田舎に嫁いで気づいた、東京の不自由さとは?

元彼の結婚。

適齢期の女性にとって、これほどまでに打ちのめされる出来事があるだろうか。

元彼がエリートだったら、なおさらだ。

どうして私じゃなかったの。私になくて、彼女にあるものって何?

東京で華やかな生活を送るエリートたちが、妻を選んだ理由、元カノと結婚しなかった理由を探ってみる。

先週、元彼の妻・みなみが、超地味に変わっていたことに驚いた奈緒。しかしみなみは、「今の私は昔よりも自由」と言う。その真意とは・・・?


「今の方が自由って、どういうこと?」

奈緒は、みなみが言った言葉の意味がさっぱり理解出来なかった。

−周囲に気を遣って、大好きだったブランド品を身につけることが出来なくなるなんて、不自由じゃない?

奈緒の問いかけには答えず、みなみはスマホの画面を見せながら突拍子もな......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
みなみ、いいこと言う〜
ブランド品そのものが好きなんじゃなくて、
ブランド品を羨ましがられることが好き。
って、なかなか言えない真理だと思うね。
2017/11/14 07:3895
それでもラップワンピが好き
またラップワンピのはなししてる(´・ω・`)
2017/11/14 05:4658返信2件
No Name
笠野サイドからの物語ほしい!
なぜ奈緒のことが好きなのか?本気なの?アメリカに連れて行かないの?両親と何かあった?
2017/11/14 07:1355
元港区女子
アメリカも、みなみさんの実家みたいに本当に田舎で周りを気にしないで生きれます。
マンハッタンのキラキラした5番街みたいにブランド街もありますが、そんなところで気取ったもの着てもっている人達は観光客か一部の日本人だけかも。
周りを気にしないで生きている方が私も楽なんで、最近アメリカもいいなぁと感じました。
二度と出会うことないハイスペ笹野さんについて行った方が後悔しないと思います。
笹野さんとのスト
ーリー、素敵ですね。
2017/11/14 07:2028返信1件
No Name
この主人公ってどこか長所あるんでしたっけ?過去の痛い恋愛失敗談からは、何も良いところが浮かび上がらない。
2017/11/14 07:2625
もっと見る ( 24 件 )

【彼女になれて、妻になれない】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo