Age33~分岐点の女たち~ Vol.14

1億5,000万円の赤坂タワマンで「一緒に住もう」と言われたけれど…。女が見抜いた、男の魂胆とは

女にとって、33歳とは……。

32歳までの“20代の延長戦”が終わり、30代という現実に向き合い始める年齢だ。

結婚、キャリア、人間関係―

これは、33歳を意識する女たちが、それぞれの課題に向かって奮闘する2話完結の物語だ。

◆これまでのあらすじ

「次にマンションを更新する33歳までには素敵な家に引っ越したい」と考える由利。そんな時、彼氏から同棲の提案を受けたが…。

▶前回:「次引っ越すなら、マンション買いたい…」恵比寿在住・家賃12万1Kに住む31歳女の本音


33歳までに理想の家に住みたい女・秋山由利(31歳)【後編】


彼氏の宏太と過ごしていた休日の夜。

私が持っていた分譲マンションのチラシが宏太のタワマン購入願望を刺激したようで、彼から“ある提案”を受けた。

「由利、今度一緒にタワマンの内見に行こうよ。せっかく家を買うなら、由利と一緒に住みたいな、俺」

ニコニコと笑顔の宏太を前に......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
なんだ〜、全然結婚考えてなかったのか宏太。しかもキチキチやりたくないとか言って、ずいぶん無責任だね。もう別れて良かったと思う。
2022/04/23 05:3899+返信3件
No Name
生活費払う方の身にもなって欲しいよね😂
湯水のように使いそうじゃない?こいつ。
2022/04/23 05:4099+返信4件
No Name
ずるずる同棲長引いてただろうし
住む前に話し合えてよかった
2022/04/23 05:3199+
No Name
由利がちゃんと物事を考えられる子で良かった。
2022/04/23 06:1666
No Name
同棲はしたいけど結婚はしたくない?
まあこんな男のために人生の大事な期間を無駄にする価値はないよね。しかも何年費やすか分からないとか。
由利、考え直すと言うか次探した方が良さそう。
2022/04/23 05:2461
もっと見る ( 63 件 )

【Age33~分岐点の女たち~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo