呪われた家 Vol.2

「三つ指をついて旦那様をお出迎えが絶対」姑の笑顔に、26歳妻が恐怖に陥った瞬間

―結婚―

それは、愛し合う男女が二人で新しい家庭を築くこと。

だがその儚い幻想が、見事に打ち砕かれたら…?

嫁ぎ先での奇妙な風習、監視の目、しきたり、そして義家族たちの薄笑い…。

夜な夜な響くその声は、幸せでいっぱいだったはずの新妻の心を蝕んでゆく。

―逃ゲヨウトシテモ無駄ダ…

看護師の岡林沙織(26)は、恋人の清川宗次郎(28)からプロポーズを受け、1年の交際を経ていよいよ結婚することが決まった。

はじめて清川家を訪れた沙織は、洋館さながらの大豪邸に衝撃を受ける。そして家族が集合し、沙織の品定めが始まった。

そして突きつけられた“しきたり其の一”

婚礼衣装は姑から受け継いだものを着ること

目の前に準備されたウェディングドレスは滑稽なほど華美で悪趣味なものだった…。


「…ちゃん。お姉ちゃん。そろそろ起きなくていいの?今日準夜勤だよね?もう2時だよ」

沙織は、ルームシェアをしている妹の声で起こされた。

2歳下の春奈も別の病院で看護師をしていて、不摂生になりがちな生活を、二人でなんとか支え合っていた。

ただ、沙織は“日勤、準夜勤、夜......


【呪われた家】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo