注文の多い女たち Vol.7

注文の多い女たち:7年かけて整理した気持ち。それを一瞬でぶち壊す、卑怯な男の言葉

「最近、良い出会いがない」

未婚・美人の女性に限って、口を揃えて言う言葉である。

しかしよくよく話を聞いてみると、その言葉の真意はこうだ。

「理想通りの、素敵な男性がいない」

フリーランスでバイヤーをしている亜希(32)も、そんな注文の多い女のひとり。

ふさわしい人」を探して迷走する亜希。そんな中、5年前に別れた元カレ・貴志から連絡が届く。

おしゃれをして出かける亜希だったが、貴志はすでに既婚。妻への愛を語る彼に、亜希は言葉を失うのだった。


男ってやつは...


「5年ぶりに連絡してきたから何の用かと思うじゃない。それなのに、ずーっと聞きたくもないノロケ話を聞かされたのよ?」

渋谷・円山町にある『カフェ ブリュ』で、亜希はビオワイン片手に遠慮なく鬱憤をぶちまける。

目の前に座り、亜希の愚痴を受け止めてくれているのはもちろん、亜希の心の友、エミである。

「そんなの決まってるじゃない。亜希に“成長した俺”を見せたかったんでしょ。だいたい男って、昔の彼女のことをいつまでも自分の女だと思ってんのよ」

エミの言葉に、亜希は深く、大きなため息で応える。

貴志の自己満俺通信に、ウキウキと出かけた自分の馬鹿さに嫌気がさす。32歳の亜希は、元カレに無駄な時間を費やしている場合ではないというのに。

「貴志と別れた後、誰も待ってない家にひとり戻った時の虚しさと言ったら...そうだ、あの夜、エミ何してたの?LINEしたのに、全然既読にならないんだもん」

わざと唇を尖らせて抗議の目を向ける。

「ああ、そ、そうね...」

すっと、視線を外すエミ。歯切れの悪いその対応は、確実に「何か」があったことを語っている。

暫しの沈黙が、ふたりを包む。

エミは、逡巡するように目を泳がせると、思い切ったように頷き、そしてゆっくりと口を開いた。

【注文の多い女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo