丸の内のプーさん Vol.9

真夏の丸の内の恐怖体験。男への執念ゆえ、結婚詐欺を企む女

丸の内勤務の証券マン・江森(通称:えもりん)、30歳。おとめ座。

外見はプーさんそっくり、愛されキャラな男。好きな食べ物はハチミツ...ではなく、『ウルフギャング』のプライムステーキ。

港区生まれ、港区育ち、育ちのいい奴らは皆トモダチ。生まれながらに勝ち組な彼は、日本を代表するエリート・サラリーマンとして独身生活を謳歌している。

イケてるはずなのに拗らせ気味な男・えもりんは、恋人探しにことごとく惨敗。さらにイケメン商社マンの親友・ハルの結婚報告&説教をうける。

そして、強気な美女・まゆこの涙に心揺れるも、彼女は恋人とヨリを戻してしまい、損保OLの奈央とのデートで寂しさを埋めようとしたが...?


―えもりん、すぐ会いたいの。

まゆこからの突然のLINEをうけて、江森はデート中であった損保OLの奈央への言い訳もそぞろに、急いで解散した。

彼女に何があったのだろうか。また彼氏との間にトラブルでも起きたのだろうか。それとも......ひょっとすると、ひょっとするかもしれない。

江森は淡い期待で胸が高鳴るのを感じながら、一呼吸置いて、まゆこに電話をかける。

「まゆちゃん、ごめんよ。電話に気づかなくて。どうしたの?何かあった?」

声がうわずってしまわないように、まゆこから「会いたい」と言われ浮かれているのがバレないように、江森はあえて低めの声を出してみたりする。

「ちょっと、大事な話があるの。どこか、ゆっくり二人で話せないかな?」

―じゃあ、ボクの麻布十番の隠れ家なんてどう?―

咄嗟にそんなセリフが浮かんだが、まゆこの切羽詰まった様子を踏まえ、自粛する。

「じゃあ、パレスホテルの『ラウンジ バープリヴェ』で待ってるよ」

江森はタクシーを捕まえ、まゆこの元へ急いだ。

【丸の内のプーさん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo