立場逆転 Vol.1

立場逆転:「まさか、あの子がこんな姿に…」同窓会で目にした元・学校イチの美女の現在

女として本当に幸せなのは、どっちだと思う−?

やりがいのある仕事でキャリアを重ね、華やかな独身ライフを満喫する女。

早々に結婚し専業主婦となったものの、ひたすら子どもの世話に追われている女。



独身キャリア・工藤千明と、専業主婦・沢田美緒。

二人はかつて同じ高校の同級生だった。しかし卒業後15年が経ち、千明と美緒の人生は180度違うものとなっている。

そんな対照的な選択をした二人が、同窓会で再会。

女のプライドをかけた因縁のバトルが今、幕を開ける。

独身キャリア女・工藤千明の日常


西麻布の最高級フレンチ『レフェルヴェソンス』

ハッとするほど真っ白なテーブルクロスの上で、琥珀色のシャンパンが華奢なグラスに注がれてゆく。きめ細かな泡が勢いよく立ち上がるその様を、私はただうっとりと眺めた。

「じゃあ…今月もよく働いた私たちに」

向かいの席で、ボブヘアーの美女がそっとグラスを傾けた。同じ外資系消費財メーカーで働く、同い年の同期だ。

私たちは“ご褒美会”と称し、こうして月1で贅沢ディナーに出かけるのを定例にしている。

掲げたシャンパングラスの向こう側で、美しい紅で染まった唇を「乾杯」と動かすいい女が見えた。

自信と誇りに満ちたその笑顔に向かい、私も負けずに背筋を伸ばし「乾杯」と微笑む。

「ああ、最高に美味しい!」

よく冷えたシャンパンを飲み、私は思わず声を漏らした。

やりがいのある仕事を終え、高級レストランで、達成感に浸りながら飲むシャンパンの美味しさと言ったら…それはもう、格別である。まさに至極の味。

この瞬間、私はいつも仕事を頑張ってきて良かったとしみじみ思う。

なぜなら、この幸福を味わうことができるのは、私たちのように全身全霊で仕事に打ち込み、キャリアを重ねてきた女だけだから。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
千明は働いて稼いで若さと美貌を保つために努力を惜しまないストイックさを持っていて、それはそれで素晴らしいけども、美緒にしてみたら、いつまでも肩肘張って無理して、、って感じるのかも。

千明は今の美緒をバカにしてたけど、家庭を持って家族を支えることに幸せ感じる美緒にしてみたら穏やかな幸せを30過ぎても知らない千明のほうが哀れに見えるかもしれないです。

生活してる場所や環境で価値観はどんどん変わって
いきますからね。
2019/07/29 05:1999+返信19件
No Name
文章読んでると、描写がもっと歳上なのかと思った。33くらいじゃ働いていようが子供いようが大した差を感じたことがありません。
2019/07/29 05:3999+返信18件
No Name
なんか超リアル。私は完全に千明側だわ。美緒みたいな子いた。
女同士は立場や環境が変わると自然と疎遠になるからね。。。今後どうなってくのか楽しみです!
2019/07/29 05:1499+返信4件
No Name
来週、美緒は子どもがいて結婚している、という幸せ自慢をするのかしら。
こんなおばさんになっちゃって、というのも結婚したいない千明に対する当てこすりなんだろうな。オンナって怖いよね。
2019/07/29 05:2299+返信5件
No Name
同窓会ってこういうこと起きるから行かないようにしています…笑 私は今で言うカーストの下にいましたが、会社も経営するようになって全く会話が噛み合わないことが苦痛で。
「あの頃」なんてどうでもよくて「今」を大事にしたいなら同窓会なんて行くものじゃない、と思ってます。笑
2019/07/29 06:0985返信19件
もっと見る ( 175 件 )

【立場逆転】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo