結婚ゴールの真実 Vol.14

結婚願望のない男 番外編:アンチ結婚主義者・吾郎がプロポーズを決断した、ある理由

私の大好きな彼氏には、結婚願望がない。

それを知ったのは、30歳の誕生日。順調な交際を2年も過ごした後だった。

東大卒のイケメン弁護士・吾郎との「結婚」というゴールを、疑うことのなかった英里。彼が結婚願望ゼロと知った日から、不安と焦りが爆発。

吾郎との破局を迎えた英里は、傷心を乗り越え、結婚願望のある男・きんちゃんと、結婚を決意しつつある。しかし、吾郎も黙ってはいなかかった...!

最終話を目前に、アンチ結婚主義者・吾郎が、その斜め目線な結婚観を語る。


誤解して欲しくないが、英里にプロポーズしたからと言って、俺の結婚に対する考えは、特に変わってはいない。

基本的に、「将来は花婿さんになりたい」なんて言う子供がいないのと同じように、心の底から結婚に夢を持つ男なんて、いるわけがないと俺は思っている。

「結婚したい」なんて本気で言ってる男がいるとすれば、よっぽどモテない、単に女に飢えた男だろう。

もしくは女の気を引きたいがため、「結婚願望がある(いつか)」なんてヘラヘラとアピールする奴は、いくらでもいる。

また、「独身だと肩身が狭い」「彼女が結婚したがるから」という意見もよく聞くが、世間や女の重圧に安易に屈した男たちの結婚生活は、だいたいが破綻している。(結果、女を不幸にしているとも言える)


こういった意見を堂々と述べると、だいたいの女たちは目くじらを立てるが、特に結婚したい女は、男の本音や生態を冷静に受け止め、対策を練るべきだと俺は思う。

【結婚ゴールの真実】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo