赤坂の夜は更けて Vol.3

23時の赤坂で会う「ご飯友だち」ナンバーワンの男。私はなぜ、彼を好きになれない?

夜更けの赤坂で、男はいつも考える。

大切なものができると、なぜこんなに怖くなるのだろう。

僕はいつも同じところで立ち止まり、苦しみ、前を向こうとして、またつまずく。

41歳、テレビ局のプロデューサーである井上は、ひとりの女と出会う。

彼女の名前はハナ、29歳。ひと回りも年下の女だった。

井上の部屋に行っても、お茶だけ飲んで帰るハナ。あくる日、親友の葵と会った後、「お鮨が食べたい」とまた井上を呼び出した。


結局、井上が赤坂に着いたのは23時頃だった。

ハナが「鮨を食べたい」と言うので、井上の知る限りの鮨屋を当たったが、この時間に入れる店は少なく、深夜営業している店にも空きがないと断られてしまった。

仕方なく、ハナに「お鮨じゃなくてもいい?」と聞くと、

「やだ」

......


【赤坂の夜は更けて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo