港区おじさん Vol.14

頑張れ港区女子!ハローワーク的立ち位置で、港区女子応援団長と化す港区おじさん

港区女子は、それ単体では存在し得ない。

彼女たちの影には、太陽と月の如く、欠かせない相手がいる。

ー港区女子を生み出しているのは一体誰なのか

その正体は、“ありあまる富”を持つ、港区おじさん。

彼らはいかにして港区女子と関係を持つに至り、どのようなライフスタイルを送り、そして、何を考えているのか。

ベールに包まれた港区おじさんの実態に迫っていく。

これまでに、タンバリン男と呼ばれる春彦や、港区女子の専属“おしょくじがかり”となっている修造、港区おじさんジュニアの智也、ニックネームで親しまれる賢太などを紹介した。今週は、港区女子の応援団長を自称する貫太を紹介しよう。


【今週の港区おじさん】

名前:貫太
年齢:45歳
職業:投資家
好きな店:『西麻布 鮨 真』『アルヴェアーレ』
好きなタイプ:ビジネスセンスがある女性

港区女子応援団長としての心意気


貫太は、自称“港区女子応援団長”である。(決して、実際に港区で応援旗を振っているわけではない。)

過去に付き合ってきた女性はもちろんのこと、数々の港区女子の自立の手助けをしてきた。

港区女子はやたらとプロデューサー、サロン主宰と名乗りたがるのは既にご存知の通り。(港区女子は、皆やたらと不思議な肩書きを持っている。)

それもマンションの一室にて、一人で営業しているエステサロンやネイルサロンも多く、それらは一見、全く利益が出ていなさそうに見える。

何を売りにしているのか分からないような“ライフスタイル”講座や“パーソナル◯◯”講習、極め付けは“ポジティブシンキング”講座などが溢れている港区。

(*勿論、中には自分で資金を調達し、自力で稼ぎ、利益を生み出している女性がいることは言うまでもない。)

しかし過去の経歴が少し不透明で、突如そのような肩書きを名乗り始めた女性の影には貫太のような応援団長の存在が見え隠れする。

「港区女子は人に頼る才能がある。だから、大いに頼って欲しい。」

貫太の港区女子応援スタイルは、単なる金銭の授与ではない。28歳からの港区女子を助ける、ある意味ハローワークだという。

【港区おじさん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo