LINEの答えあわせ【A】 Vol.1

デート後「今日は楽しかったです!」の一文に潜む、女の嘘。LINEの答えあわせ【A】

昔から、異性に気持ちを伝える手段として、“手紙”が多く使われていた。

その中には、相手を想う、数々の言葉がつづられている。

時は、2017年の東京。

男性から山のように送られてくるLINEに対して、現代の姫君たちは何を想うのか。


桜の時期の食事会で出会い、その後六本木でデートした弘樹からのLINEに対し、返信しなかったさゆり

その真相や、いかに。


目の前に座る、アメフト部出身のいかつい体型をした弘樹。クマさんのように可愛らしい彼は、最初から私のタイプだった。

女子校出身のせいか、昔からなぜか男気溢れる人に惹かれてしまう。

少年がそのまま大人になったかのような、まっすぐな瞳。商社マンにありがちな自意識過剰な様子もなく、自然体なところが魅力的だった。

「弘樹くんって、元アメフト部でしょ?」

恥かしそうに下を向いて笑う顔に、思わず胸が締め付けられる。

もうすぐ私は、28歳になる。でも仕事が忙しく、ろくに恋愛する時間すらなかった。

そろそろ結婚したい自分にとって、目の前に座る弘樹はまさしく優良物件そのもの。

―顔良し、性格良し、職業良し。

一人でそっと頷きながら、適当に相槌を打ちながらニコニコと話を聞いていた。

思いのほか弘樹との会話は弾み、次の約束をしようとした時、友人の真由が帰ると言うので一旦お開きになった。

「じゃあ、グループLINE作ろう。」

まるで食事会の儀式のようなこの行為。もう何度繰り返してきたのだろう。でも、今夜は弘樹に会えたから良しとしよう。

本当はもう一軒行きたかったが、今日はおしまい。新たな恋の予感を感じつつ、ふんわりと幸せなベールに包まれながら帰路に着いた。

【LINEの答えあわせ【A】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo