部屋見るオンナ Vol.12

どっち着かずの何が悪い?凡庸を嫌う女と受け入れて利用する女の、北参道での午後

あなたが東京で住みたい街は、どこですか?

なりたい自分に近付ける街、等身大の自分を受け入れてくれる街、お気に入りのレストランがある街。そう、街選びの基準は人それぞれ。

広告代理店に勤務するサトコ(32歳)は、一体どこに辿り着くのか。

その行く末をご覧いただこう。

同棲を解消して部屋探しを余儀なくされたサトコは、石神という不動産屋と共に様々な街と部屋を見て歩くことになった。

前回は、意外と親近感が持てる街だと教えられた広尾へ行った。さて、今回は……?


「どうしよう。石神さんとどんな顔して会えばいいかわかんない」

サトコが泣きつくと、千晶は大げさに笑った。

前回、広尾で勢いのまま石神を食事に誘った。だが、「それはできません」と即答されてしまったのだ。

石神は、あの誘いをどう受け止めただろうか。「面倒な客だ」と思われたのではないか。

考えれば考えるほど後悔が募り、彼に会うのが憂鬱で仕方ない。

それを千晶に相談したのだが、「なんでまた、あの石神さんに」と言って笑うのだ。

「たしかに石神さんって、甘いマスクって言葉がぴったりな人よね。でも……」

千晶はその先を濁した。だが、何を言いたいかはよくわかる。

「あの偏屈な性格でしょ?」

サトコが言うと、千晶は大きく頷いた。

【部屋見るオンナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo