上京10年目 Vol.4

上京10年目:東急東横線から見下ろす目黒川の記憶。大切な人から目を逸らした日

―東京にいる意味って、何だろう―。

仕事のため、夢のため、欲望のため……?

上京10年となる節目の年に、人はあらためて問う。

自分が東京にいる意味と、その答えを。

28歳の朝子もその一人。朝子が抱える東京への固執と葛藤は、どこに着地するのだろうか。

18歳で上京した朝子だが、このまま東京にいていいのかという迷いが芽生え、東京と故郷の間で気持ちが揺れ始める。食事会で東京出身の良太と出会ったことや、風邪で寝込んだことでさらにその気持ちは強くなった。


東京で桜が咲き始めた頃、良太くんと何度目かの食事に行った。

気付けば良太くんとは、気の置けない飲み友達みたいになっていて、変に意識しなくていい今の関係が心地良い。

当日の20時に「これから、軽く1杯行かない?」と気軽に誘える男友達。

残念な結果に終わった食事会の後なんかに気まぐれで連絡しても、タイミングが合えば来てくれる。

付き合うとか、駆け引きとか、そんなことを気にしなくていい関係。大人になるとそれは、意外なほど貴重だった。

最近やたらと後ろ向きだった気持ちも、なんとか持ち直してきた。良太くんのお陰で、というのも少しはあるかもしれないけど、大きな理由は仕事のこと。

前から担当したいと思っていた大手化粧品メーカーが、この夏に力を入れて展開するというイベント。その担当を任せてもらえることになったから。

最近、恋愛と同じくらい仕事が楽しいと思えるようになってきた。

これって、アラサーでいわゆる適齢期の私にとっては、あんまり喜ばしいことではないのかもしれないけど、でも仕事を頑張ってる自分も嫌いじゃない。

【上京10年目】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo