上京10年目

―東京にいる意味って、何だろう―。

仕事のため、夢のため、欲望のため……?

上京10年となる節目の年に、人はあらたて問う。

自分が東京にいる意味と、その答えを。

28歳の朝子もその一人。朝子が抱える東京への固執と葛藤は、どこに着地するのだろうか。

【上京10年目】の記事一覧

12
    2017.05.22 Vol.12
    見失っていた「東京にいる意味」。母に言われた言葉が、ずっと探していた答えだった
      2017.05.15 Vol.11
      東京出身の彼と“好き”だけでは結婚できない。上京10年目、地方出身者のもどかしさ
        2017.05.08 Vol.10
        女は、悩むほど美しくなる。東京にいると洗練されるのは、“必要な”我慢を覚えるから
          2017.05.01 Vol.9
          「俺のために東京にいてよ」男友達からの告白のような言葉に、戸惑いを隠しきれない心
            2017.04.24 Vol.8
            いろんな“初めて”を共有した昔の恋人に、幸せな姿を見せつけられ心震える一人の夜
              2017.04.17 Vol.7
              仕事と家族、どちらも大切なのに両方選べない。地方出身者のジレンマに揺れる女心
                2017.04.10 Vol.6
                上京10年目:幸せそうな地元の女友達を前に、上京したことを初めて後悔した日
                  2017.04.03 Vol.5
                  母の荷物を持つようになり、親との役割が交代していくことを痛感する、上京10年目の春
                    2017.03.27 Vol.4
                    上京10年目:東急東横線から見下ろす目黒川の記憶。大切な人から目を逸らした日
                      2017.03.20 Vol.3
                      上京10年目:電話越しに泣いた日。地方出身者が東京で手に入れたもの、失ったもの
                      • FREE
                      2017.03.13 Vol.2
                      ふり返ることさえしなかった故郷が、今は死ぬほど恋しい。上京10年目、帰る場所を見失った女
                      • FREE
                      2017.03.06 Vol.1
                      上京10年目:28歳。東京にいる意味が見いだせなくなった時、思い出すのはあの景色