二子玉川の妻たちは Vol.17

二子玉川の妻たちは:所詮、私も井の中の蛙。戦意喪失したカリスマサロネーゼの引き際

結婚は、女の幸せ。

そう考える種類の女にとっても、結婚は必要条件に過ぎない。

結婚しただけでは満たされない。女たちの欲望は、もっと根深いものだ。

これまで、ポーセラーツサロン界でトップの座に君臨し続けてきたカリスマサロネーゼ・マリ。しかし同じマンションの下層階でおうちサロンを営む由美が徐々に力をつけ、目障りな存在となる。

子育てに時間をとられレッスン数を減らさざるを得ないマリは、転写シート販売を始めるなどトップの座を守ろうとすると必死。由美にも宣戦布告

しかしCA時代の後輩・香織に出張を依頼されて白金の豪邸を訪れたマリは、上には上がいる現実を思い知らされ、意気消沈してしまうのだった。


私は、ハリボテの存在…。


二子玉川のシンボルである、タワーマンションの最上階。

オレンジ色に染まる多摩川の夕景を、マリは焦点の合わない目で、ただ眺めている。

マリは今日、CA時代の後輩・香織の白金の豪邸に呼ばれ、白金妻たちを相手にポーセラーツレッスンを行い、先ほど帰宅したところだ。

そろそろ預けている子どもを迎えに行かないといけない。しかし、心身ともに疲れ切った身体がぐったりと鉛のように重く、立ち上がる気力が湧いてこない。

―所詮、私も井の中の蛙。

マリは今日、その現実を、嫌というほど思い知らされた。

マリが羨望を集めているのは、サロネーゼというごく限られた世界のはなし。所詮小さなピラミッドの頂点。一歩外に出れば、とりわけ裕福で時間のある主婦の、暇つぶし要員でしかない。

マリだって、別に自分が全妻界の頂点だなどと、思っているわけではない。世の中には当然、自分よりヒエラルキーの上に立つ女がいることだって、知っている。

しかし、「知って」いることと、「経験」することには大きな差があるものだ。

今となっては、カリスマサロネーゼ・マリという存在自体がハリボテのように感じられ、それなのに立場を守ろうと躍起になる自分が、とんでもなく小さく卑しい人間に思えて寒々とした気持ちになるのだった。

【二子玉川の妻たちは】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo