マリエ・ストーリーズ Vol.7

【ご報告】。インスタグラムに突然upされた3文字に、男女は何を感じる?

2017年の東京人にとって、Instagramは必須SNSになりつつある。

Facebookとは一線を画したInstagramに投稿される、破壊力抜群の画像や動画。

Instagramの画像や動画を通して、東京人は何を感じるのだろうか。

これまでに、マリエの元同期である美穂、マリエのストーリーズに自分の片手が映り込み喜ぶ俊明、豪華な海外旅行の様子を見て落ち込む慎吾に迫った。

今週は、3人がマリエの突然の報告に度肝を抜かれる。


未婚女子が最も見たくない【ご報告】の三文字


【ご報告】婚約しました。


マリエのInstagram上に、男性と手を繋ぐ様子と共に突如現れたこの言葉。 美穂は恵比寿の『CRISP SALAD WORKS』で、口に運ぼうとしていたクルトンを思わず落としかけた。

「嘘でしょ...マリエが婚約?!」

マリエらしい、たった数文字の言葉。こんな短文では、相手が誰なのか判断できない。ストーリーズが投稿されるのを待ったが、その後上がってきたストーリーズでも、相手の男性の素性は何も掴めなかった。

ただ一つ分かるのは、マリエが婚約したという事実のみ。

Facebookも一応見てみるが、そちらではマリエは何も投稿しておらず、Instagram上でのみの発表だった。

女性というのは幸せな女が嫌いな生き物である。特にアラサーの独身女性は、女友達の結婚を素直に喜べぬ時がある。そんな時はその友達の結婚相手に難癖つけては、自分の心の中の虚しさを埋めるのだ。

Facebookだと情報量が多いため、結婚相手の推測がつく。しかし、Instagramでは相手の情報が少な過ぎて粗を探す術もない。美穂の憂鬱な気持ちのはけ口はどこにもなかった。

幸せそうなマリエに対して祝福の気持ちなど沸くわけもない。“結婚しました♡”と突如SNS上でアピールされる、“婚テロ”に思わぬ形で遭遇してしまった自分を嘆く。

美穂は独身で、毎日必死で働き、まだ彼からプロポーズされる気配も全くなく、漠然と将来に不安を抱えている。

それなのにマリエは、結婚というゴールテープを余裕綽々で切ろうとしている。

—マリエのことだから、婚約者は凄い人に違いない...

マリエの結婚相手が誰なのか知りたくて、居ても立っても居られなかった。

【マリエ・ストーリーズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo