肉汁吸ったパンまで旨い!肉どっさりボリューム満点パン厳選4品

肉とパンの相性を堪能できるのは、ハンバーガーやサンドウィッチだけじゃない!世界各地で親しまれているご当地の肉×パンを、こだわりの調理過程とともにご紹介!

カスタムチョリパン¥1,100。レタス、トマト、炒め玉ねぎなど野菜もたっぷり。牛100%のチョリソも用意

チョリソのガツンとした旨みにノックアウト!
『Mi Choripan』

代々木上原

アルゼンチンといえば、国民一人あたりの肉の消費量が世界トップクラスの国として知られているが、気軽に食べられる“ソウルフード”として親しまれているのが、チョリパン。

自家製の極太チョリソと野菜などをはさんだアルゼンチン発祥のサンドイッチは、シンプルながら濃厚な肉の旨みがダイレクトに伝わると、地元でも大人気なのだという。旅先でその味に魅了されたオーナーが現地で修業をし、代々木上原に開店させたのが『ミ チョリパン』。

店主の情熱も肉汁もあふれる“本場の味”を堪能して。

①『ミ チョリパン』では牛と豚の合挽きと牛100%のチョリソの2種を用意

②肉の旨みをしっかり受け止めるセミハードタイプのフランスパンを使用。鉄板で軽く温める

③2等分したチョリソと具材をのせ、チミチュリソースをたっぷりかけて完成!

明るい気分になる賑やかな店内の雰囲気も魅力!

カレーソーセージのホットドッグ¥520。ターメリックの香りと柔らかな酸味のザワークラウトがマッチ

ドイツソーセージの奥深さを気軽に体験
『Imbiss Hareico 九段店』

九段下

フランクフルトソーセージに代表されるように、ドイツの肉でまっさきに思い浮かぶのが、ソーセージ。ハンブルグの工場から直送されるバラエティ豊かなソーセージをカジュアルに楽しめるのが『インビスハライコ』だ。

ここで人気なのがドイツパンのなかでもフワッとした食感の“ブローチェン”というオリジナルパンに好きなソーセージをはさむことができるホットドッグ。チーズを練りこんだものやカレー味まで、その味わいは様々。ドイツビールとともに楽しむのもおすすめだ。

①オーブンでパンを温める。これもハンブルグのベーカリーから輸入しているもの

②鉄板でソーセージを焼く。ホットドッグの場合、チョイスするソーセージによって値段が変動

③ザワークラウトとソーセージをパンにはさみマスタードをかける

忙しいひとのサク飯にもぴったり!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo