年収3,000万の夫 Vol.7

「こちら側にきたら可哀想」年収1,000万夫の妻を気遣う、年収3,000万夫の妻

ー年収1,000万円では、都心で豊かな暮らしを求めることはできない。

結婚後も都心暮らしを視野に据える賢い女性なら、肌感覚として誰もが知っていること。

現実的には年収2,000万円以上あれば...そう考えつつ、年収3,000万円と聞けば浮き足立つ女がいる。

国税庁の「民間給与実態統計調査」から推計すると、年収3,000万以上を稼ぎだすのは、約500人に1人以下。人口の0.2%程度。

そんな経済的に恵まれた男性の妻の座を獲得したのは、一体どんな女たちなのだろうか。

その婚活戦略や結婚後の実態をお届けする。

これまでに、年収1,000万では暮らせないと嘆く真美、同期が偶然御曹司だった麻衣、慶應幼稚舎出身のエリート夫を特別枠で手に入れた典子、ダブルインカムでリスクヘッジを行う友希などを紹介した。今週は?


【今週の年収3,000万の夫を持つ妻】

名前:さゆり(29歳)
夫の職業:建築関連会社経営(37歳)
夫の年収:3,500万
結婚前の職業:外資系飲料メーカー 広報
住まい:広尾

類は友を呼び、そして格差を生む


「そもそも、周囲に年収3,000万以下の男性もいなければ、年収3,000万以下の人と結婚した友人もいません。」

一般女子が理想としている年収1,000万。しかし年収3,000万の夫を持つさゆりは、やんわりとその理想を否定した。



外資系飲料メーカーに勤務していたさゆりが、8歳上の夫・恭平と知り合ったのは27歳の時のこと。大学時代の知人の紹介だった。

身長が高く、目鼻立ちがハッキリとした顔立ちのさゆりは、ミスコン経験者と言うだけあり自分に対する自信の高さが滲み出ている。学習院大学在学中、華麗なる女子大生生活を謳歌していたことは想像に難くない。

若干20歳にして有名経営者やタレントなどと繋がりができ、毎週末、女友達を引き連れては六本木ヒルズ、芝浦アイランドなどのタワーマンションで開催されるホームパーティに頻繁に顔を出していた。

また、当時港区で有名だった某ファンド経営者とも非常に仲が良く、連日連夜西麻布で飲む日々が続く。(当時のさゆりを知れば恭平は結婚していなかっただろう。)

「大学卒業前にして、既に一般人には手が届かないような錚々たるメンバーと交流がありました。だからこそ、今の結婚があると思います。」

俗に“社会人デビュー”という言葉があるが、大人になってから急に富と権力を手に入れた男女は厄介な人が多い。その点、女子大生の時から様々な人たちと出会ってきたお陰で、さゆりは人を見る目が養われたと言う。

「24歳くらいの時に、年収が5,000万を超えると幸せな結婚は望めず、年収1,000万では生活できない。年収3,000万くらいがベスト・バランスだと気がついたんです。」

恭平と出会った時、結婚をするなら彼だと直感で感じ、“若さを武器にできる内に”と計算の上、28歳で結婚まで推し進めた。

【年収3,000万の夫】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo