年収3,000万の夫 Vol.4

慶應幼稚舎出身・年収3,000万の夫。凡女子が入れぬ“特別枠”を6歳で手にした妻

ー年収1,000万円では、都心で豊かな暮らしを求めることはできない。

結婚後も都心暮らしを視野に据える賢い女性なら、肌感覚として誰もが知っていること。

現実的には年収2,000万円以上あれば...そう考えつつ、年収3,000万円と聞けば浮き足立つ女がいる。

国税庁の「民間給与実態統計調査」から推計すると、年収3,000万以上を稼ぎだすのは、約500人に1人以下。人口の0.2%程度。

そんな経済的に恵まれた男性の妻の座を獲得したのは、一体どんな女たちなのだろうか。

その婚活戦略や結婚後の実態をお届けする。

これまでに、年収1,000万では暮らせないと嘆く真美、同期が偶然御曹司だった麻衣、夫が稼ぐほど他の男性へ心を移す希子を紹介した。


【今週の年収3,000万の夫を持つ妻】

名前:典子(28歳)
夫の職業:貿易関連会社勤務(32歳)
夫の年収:3,200万
結婚前の職業:食品関連会社・事務職(父の会社)
住まい:赤坂

学歴こそ、婚活の最大の武器となる?


「失礼ですが、ご出身はどちらの大学ですか?」

これが、開口一番に典子が発した言葉だった。



典子の実家は九段下にある。初等科から高等科までを、通称三光町と呼ばれる聖心女子学院に通い、大学もそのまま聖心女子大学へ進学。苦労という言葉とは無縁の世界で育ってきた。

両親からの愛情をたっぷりと享受し、夫・祐一とは1年前に結婚。

夫である祐一は幼稚舎から大学までを慶應で過ごした、生粋の慶應生だ。慶應内格差でも見受けられるように、慶應内でも幼稚舎から居る幼稚舎組と、大学からの外部生とでは全く異なる意味を持つ。

また、幼稚舎組は卒業後も内輪で強固なコミュニティーを作っており、そこに外部生が入り込む余地はない。祐一もご多分にもれず、現在も交流があるのは幼稚舎からの友人が多数を占める。

そんな二人が出会ったのは、学生時代まで遡る。慶應と聖心の繋がりが強いことは有名だが、その時はまだ顔見知り程度だった。

しかし、2年ほど前に知人に誘われた誕生日会で偶然の再会を果たすとそこから二人の交際が始まり、結婚の運びとなった。


祐一が、典子との結婚を決めた理由はただ一つ。


祐一の家系で決められている、“嫁は聖心女子出身以外認めぬ”という家訓に従ったからだ。

【年収3,000万の夫】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo