港区おじさん Vol.4

港区おじさん主催のホームパーティー。それは、港区女子が湧き出る泉だが、港区女子のためのものではない

港区女子は、それ単体では存在し得ない。

彼女たちの影には、太陽と月の如く、欠かせない相手がいる。

ー港区女子を生み出しているのは一体誰なのか

その正体は、“ありあまる富”を持つ、港区おじさん。

彼らはいかにして港区女子と関係を持つに至り、どのようなライフスタイルを送り、そして、何を考えているのか。

ベールに包まれた港区おじさんの実態に迫っていく。

これまでに、典型的な港区おじさんの純一、港区女子を国民的アイドルグループに喩える貴教、タンバリン男の春彦を紹介した。今週は?


【今週の港区おじさん】

名前:賢治
年齢:42歳
職業:アパレル会社経営
好きな店:『ザ パブリック シックス』『ケンゾーエステイトワイナリー(六本木ヒルズ店)』
好きなタイプ:港区にいない子

止め処なく溢れる港区女子


「毎週第二・第四木曜日はホームパーティーの日。いつの間にか、それが慣例となりました。」

肩幅が広く、日焼けした肌に白い麻素材のシャツがよく似合う賢治。六本木ヒルズレジデンス(B棟)に部屋を持ち、隔週で部屋を解放してはホームパーティーを開催している。

「家と言いますか...解放しているのは、会社名義で借りている会議用の部屋です。自宅は田園調布にありますから。」

賢治のホームパーティーは港区界隈では有名であり、賢治が主催する会の参加者は錚々たる顔ぶれだ。賢治の会に呼ばれると、“正式に港区民になれた”と晴れて言えるほどの権威を持つ。

「何故でしょうね...元々芸能事務所の経営者と仲が良く、彼が連れて来る子たちを集めて家で飲んでいたら、いつの間にか今のような形態になっていました。」

顔が広く、人望の厚い賢治の周りには自然と人が集まる。その甘い蜜を奪い合うかの如く、うら若き乙女達は出会いを求めて参加し、男性側も未来の港区女子候補を求めてやって来る。

「男性側の参加者は知人やその友人など顔見知りが多いのに対し、何故か女性側は毎回フレッシュな顔ぶれになる。皆どこから湧いてくるのか...不思議ですよね。」

開催者の賢治でさえ出処が分からぬような女性が絶え間なく出現するが、実はその裏にはカラクリがあった。

そしてこの港区のホームパーティーこそが、港区女子を生み出す最大の泉となっているのだ。

【港区おじさん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo