結婚できない女 Vol.1

結婚できない女:24時からの誘いに乗る女は、“立ち食いラーメン”の価値しかない

熾烈を極める東京婚活市場。

その中で「結婚したいのに結婚できない」と嘆く女には、いくつかの共通点がある。

ある行動により自分の市場価値を無駄に下げる女、逆に実態なく価値を上げ過ぎて機会損失している女……。

貴方も、自分でも気づかぬうちに「結婚できない女」となっていないだろうか?

東京に生息する「結婚できない女」の具体的な事例を覗いてみよう。


24時に届いた、男からの誘い。


「亜季ちゃん、今どこにいる?」

金曜の夜。力尽き果て横たわったベッドの上。
仰向けになり睡魔に引き込まれていく途中で、亜季はある男からの誘いを受け取った。

恵比寿駅から徒歩10分の自宅。青山のPR会社に勤める職場の仲良し同期3人組(全員独身)と、いつも通り飲んでカラオケして、さっき帰宅したところだった。

スマホ画面上部の表示は、23:46。
差出人は、3週間ほど前に合コンで知り合った商社マン、祐也だ。

会の中盤、仕事らしき電話に出る様子で一度席を立った後、「俺、ここ座ってもいい?」そう言ってさりげなく亜季の隣に座った男。

彼はあからさまに亜季を口説いたりはしなかった。ただ笑いが起こるたびに亜季を振り返って目を合わせてくる。時々、ごく自然なそぶりで腿に手を置いたりもする。

その笑顔が、しぐさがあまりに無邪気で、無防備で、気になった。
彼のルックスは特別好みじゃない。亜季は背が高い男性が好きだが祐也は小さめだ。

それでもつい心を許したくなってしまう、ずるい男だった。
それはつまり、遊び慣れている、ということなのだけれど。

1Kの小さな部屋は、買うだけ買って読んでいない雑誌や、今朝悩んでやめたニットやバッグが出しっぱなしになっている。

週末の予定は、この部屋を片付けて、洗濯して。また暇な女友達とランチして、買い物して…それだけ。

今から出かけるなんて正直面倒だ。祐也の下心も、透けて見えている。

しかしいったい何のために13万の家賃を払って恵比寿に住んでいるのか。
それは、いつだって出動可能なエビージョでいるために他ならない。

「…よし、出動だ。」

わずかに残る気力を振り絞るよう声に出し、亜季はクローゼットから胸元がVに空いたニットワンピースを取り出した。

【結婚できない女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo