Wakiyaメン Vol.3

3度のデートより1度の担々麺でキメる!30歳を目前に、真剣な恋に踏み出すWakiyaメン

担々麺と、男の恋愛。

一見、何の繋がりもないこの2つだが、ある男たちにとっては違った。

彼らは、恋愛ツールとして、ネットで買ったWakiyaの担々麺を使う。

女性のタイプを真剣に分析し、3種の味を使い分ける。

彼らは真剣に恋をして、真剣に担々麺を作る。

馬鹿らしくも憎めない、Wakiyaの担々麺を駆使して東京恋愛市場を闊歩する、3人のWakiyaメン。その雄姿をお届けしよう。

高嶺の花だと思っていた美優となぜか付き合い始めたオサム。担々麺を食べさせたことがきっかけだという話に感化され、2人の女性の間で揺れる准一は、あることを思いつき実行した。

自分が大好きな辣香(ラーシャン)スープの担々麺を食べてもらい、その反応でどちらかに決めようと思ったのだ。まずは絵理奈に試し、今回は沙耶を招くが……?


29歳男、新年を迎えて思うところ・・・


馬鹿の極みだとは十分理解している。
担々麺で、付き合う相手を決めるなんて。

准一が今回の計画をオサムと雅紀に話すと、二人はひとしきり笑った後、同情の目を向けてきた。

「散々モテてたお前が、実はそんなにこじらせてたなんて驚きだよ」

それは准一自身が一番感じていること。だからこそ、思うのだ。軌道修正するなら、30歳を目前にした今が最後のチャンスだと。

この年末、痛感したのだ。一年のうちで年末年始ほど、一人でいる事が辛くなる季節はない。

正月に地元・仙台に住む同級生から届いた年賀状は、結婚式や赤ちゃんの写真が一気に増えた。

―あぁ、オレってもうそんな年なんだよな。。。

地元からの便りは、よくも悪くも東京に染まりそうになる自分を現実に引き戻してくれる。フワフワと根を張らずにいる自分を地面に引き戻してくれる、まるで風船の糸のようだ。

―オレもそろそろ落ち着きたいな。

今までになく真剣に、そう思った。

【Wakiyaメン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo