硝子の少年 Vol.8

いよいよ明日で最終話!「硝子の少年」全話総集編

男なら誰にでも、忘れられない女がいる。

「硝子の少年」一挙に全話おさらい!

第1話:男なら誰にでも、忘れられない女がいる。

獲物を狙うかのように光る大きな瞳、意地悪く薄笑いを浮かべる赤い唇、ボルドー色のニットに包まれた彼女の身体は完璧なS字ラインを描き、その下には、長くすんなりと伸びた見事な美脚が続いている。

僕はエリカの言葉に傷つきながらも、完璧な美しさを持つ彼女を、本能的に、どうしても尊敬してしまう。いつか、この女に自分を認めさせてやる。そんな風に思い、いつまでも彼女を諦められない僕は、頭のおかしい男なのだろうか。

第1話の続きはこちら

第2話:「秘密」に翻弄される、純朴少年。美女の甘い言葉に、彼は毒されていく

―普通の大学生なんかとは、付き合わない―

エリカを悪女に仕立て上げたセリフが、頭の中に甦る。友人の瑛太から噂は聞いていたものの、有名人と付き合い、その部屋に泊まったというエリカ。いくら彼女が芸能人級の美女だとしても、現実にそんなことが起こり得るものなのだろうか。

第2話の続きはこちら

第3話:人間関係とは、格差。「5点」と烙印を押された男は、美しき悪女の奴隷となる

大学卒業時にエリカが放った一言は、就活に失敗した僕にとって、一筋の希望の光となった。

―フリーとは言え、この業界でのし上がれば、僕はエリカと繋がっていられる。エリカと対等に仕事ができるかも知れない―

幾度となく傷つけられても、僕は、いつまでも彼女の奴隷だった。

第3話の続きはこちら

第4話:追うほどに遠のく、愛する彼女との距離。二人の記憶は、擦り切れていく

エリカを取り巻くのは、上位1%未満の世界だ。そこに踏み入るためには、僕はどうしたらいいのだろう?それとも、このままただの話し相手として、一生彼女に憧れたまま終わるのだろうか。

いや、そんなのは、絶対に御免だ。僕はいつか、一度でいいから、エリカを手に入れたい。長年の奴隷生活によって、僕のエリカに対する執着は、根強いものになっていた。

第4話の続きはこちら

【硝子の少年】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo