硝子の少年 Vol.1

硝子の少年:男なら誰にでも、忘れられない女がいる。

男なら誰にでも、忘れられない女がいる。

美しく、強く、狡猾な女、「エリカ」。

潤にとって忘れられない女は、彼女以外の誰でもない。

フリーライターとして地味な仕事をする潤と、その美貌ゆえに、煌びやかな生活を送るエリカ。彼女に強い想いを寄せる潤だが、当然ながら、まるで相手にされない。

彼女が狙うのは、自分の価値をさらに高められるような、ハイステータスの金持ちばかりだった。

にもかかわらず、潤は、どうして「高嶺の花」であるエリカを追い続けてしまうのか?

そんな二人の出会いは、学生時代に遡る。


「あんたの男としての価値なんて、5点くらいよ」悪女に思いを寄せる、切ない男心


人間、生きていれば、1人くらい忘れられない異性がいるものだと思う。

僕の場合、それは永遠に「エリカ」だ。

一体、僕はいつまで、彼女を追い続けるんだろう。

その距離が一生埋まらないことは頭では理解しながら、それでも、いつか彼女が自分を頼ってくれるはず。不器用な彼女を丸ごと愛せるのは自分だけに違いないと、僕は、淡い希望をいつまでも捨てることができない。

「あんたの男としての価値なんて、5点くらいよ」

鋭いナイフのようなセリフを口にしたエリカは、しかし、鳥肌が立つほどに美しかった。

獲物を狙うかのように光る大きな瞳、意地悪く薄笑いを浮かべる赤い唇、ボルドー色のニットに包まれた彼女の身体は完璧なS字ラインを描き、その下には、長くすんなりと伸びた見事な美脚が続いている。

僕はエリカの言葉に傷つきながらも、完璧な美しさを持つ彼女を、本能的に、どうしても尊敬してしまう。

いつか、この女に自分を認めさせてやる。

そんな風に思い、いつまでも彼女を諦められない僕は、頭のおかしい男なのだろうか。

【硝子の少年】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ