東洋経済:『最強の働き方』『一流の育て方』 Vol.15

友達申請で“二流っぷり”が全部わかる!Facebookに出没する「痛い人」の3大特徴はこれだ!

SNSの「友達申請」に困ったことはありませんか?

「学歴・頭のIQ」で、「仕事能力」は判断できない。仕事ができるかどうかは、「仕事のIQ」にかかっている。

『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』と『一流の育て方』(ミセス・パンプキンとの共著)が合わせて21万部突破の大ベストセラーになった「グローバルエリート」ことムーギー・キム氏。

彼が2年半の歳月をかけて「仕事のIQの高め方」について完全に書き下ろした最新刊『最強の働き方――世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓』が、発売と同時に5万部を超えるベストセラーになっている。

本記事では、ムーギー氏が「世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ教訓」の数々を、『最強の働き方』を再編集して紹介する。


東洋経済オンライン

「友達申請」で迷惑していませんか?

「うわー、また恐ろしいフェイスブック申請がきた! 俺の私生活、丸裸やっちゅーねーん!!」

フェイスブックのおかげでさまざまな人との接点を持ちやすくなった反面、あまりにもさまざまな人から「友達申請」が来て困惑している人も多いのではなかろうか。

たとえば私の場合、著作や記事を発表するたび、あるいは会合に出るたびに、ありがたいことに多方面からフェイスブックの友達申請をいただく。

しかし、基本的にプライベートで会ったことのある仕事や学校関係の友人でなければ、さすがに恐ろしい。

そこでプライベートのアカウントではなく、仕事用公式アカウントをもっている人も多いものだ。ところがなかには、それでも承認するのが恐ろしくなる、さまざまな「二流のフェイスブック申請」が世の中に横行している。

「学歴や頭のIQ」と、仕事ができるかどうかの「仕事のIQ」は関係ない。フェイスブックの使い方ひとつ、特に友達申請の仕方ひとつに「二流の人の恥ずかしい習慣」はもろにあらわれてしまうものだ。

それでは、フェイスブックの友達申請の仕方ひとつに、二流の人のどんな人間的欠陥があらわれるのか。たかだか1回の友達申請で、どのような恥ずかしい欠点がバレてしまうのか。早速、紹介していきたい。

【東洋経済:『最強の働き方』『一流の育て方』】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ