崖っぷち結婚相談所 Vol.20

崖っぷち結婚相談所:揺れるエリート美女の乙女心。天然ファット・ガイの不思議な魅力

典型的な結婚できない女、杏子、32歳。

慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2,000万円を優に超える。

美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。

婚活に危機感を持ち始めた杏子は、結婚相談所に登録した。婚活アドバイザーの直人からアドバイスを受け、少しずつ男女のノウハウを学んでいく。4回目のマッチングで、とうとう運命の人に出会ったと思ったが、違和感が拭えなかった。そして、5回目のマッチングに挑むが...?


杏子は、パークハイアットの『ピークラウンジ』に足を運んでいた。5回目のマッチングに挑むためである。

高層ホテルからの景色は、杏子にほど良い緊張感を与えてくれる。

待合せの時間はピッタリだ。ラウンジをぐるりと見渡したが、それらしき男性は、まだ来ていない。

今日の相手は、一つ年下の某大手自動車会社の研究員だ。写真で見る限り、外見はまぁまぁ整った顔立ちをしており、真面目そうな印象があった。

5分、10分、15分...。

杏子は既に席についているが、相手は一向に現れない。

今まで、マッチングは基本的に時間通りに開始されてきたため、杏子は少々神経質になる。苛立ちが顔に出ないようにと、さり気なく深呼吸を続けていた。

「杏子さんですかぁ?」

突然、太った男に話しかけられた。杏子は、「えっ?」と驚く。男に見覚えはない。

「あれ?結婚相談所の、杏子さんじゃないのかなぁ。」

杏子は、顔がぴくぴくと引き攣るのを感じた。

―まさか、これが今日のマッチング相手?写真の顔と、全然違うじゃないの...!

目の前にいる男と、杏子がプロフィールシートで見た男の顔は、まるで一致しなかった。

男は写真よりも、かなり丸々と太っていた。

【崖っぷち結婚相談所】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo