崖っぷち結婚相談所 Vol.18

崖っぷち結婚相談所:失神寸前?超絶スマート紳士のエスコートに、マジで恋する5秒前

典型的な結婚できない女、杏子、32歳。

慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2,000万円を優に超える。

美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。

婚活に危機感を持ち始めた杏子は、結婚相談所に登録した。婚活アドバイザーの直人からアドバイスを受け、少しずつ男女のノウハウを学んでいく。

しかし、婚活は甘くはない。なかなか出会いに恵まれず元彼からも屈辱を受けてしまう。しかし、めげずに臨んだ4回目のマッチングで、とうとう運命の出会いが...?


―爽やかの塊みたいな人だわ......。

杏子は4回目のマッチング相手である松岡に、完全に見惚れてしまった。

「杏子さんは、お仕事帰りですよね?とりあえず、飲み物でも頼んでください。何にしますか?」

コーヒーを、と杏子が答えると、松岡は手際よくウェイターを呼びつけ、オーダーを済ませてくれた。少し低めのハキハキとよく通る声に、杏子は胸がキュンとときめく。

―相談所で、こんな素敵な人に出会えるなんて......。

1回目のマッチング相手の飯島は悪くなかったが、2回目の正木、そして3回目の桜田は、おそらく「相談所あるある」的な、一風変わった人種であったと思う。

だが、今目の前にいるこの松岡といったら、他の男たちとは比べ物にならない。

何よりもまず、爽やかで清潔感のある外見が目を惹いた。少し浅黒く引き締まった肌は、健康的で男らしい。切れ長の目と白く輝く歯も、大層品が良かった。

話し方や立ち振る舞いを見ても、彼が常識ある紳士だと思わずにはいられない。

「杏子さん...?大丈夫ですか?」

杏子は声をかけられ、ハッと我に返る。

自分でも気づかぬ間に、杏子は松岡の男にしては美しい手先に、じっと見入っていたのだった。

【崖っぷち結婚相談所】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ