独りですが何か Vol.10

「年収1,000万円以上希望」と言う女性とは絶対結婚しないSクラス男子の価値観

世の中には「女は30歳までに結婚しろ」「男性が40歳過ぎて未婚・バツなしだと何かあると疑え」という、シングル・バッシングがまかり通っている。

その呪縛に囚われたように焦る人も多いが、果たしてそれは本当に正しいのだろうか? そんな、あえて“結婚しない”人たちの事情に迫る。

これまでに、アラサー女子と付き合うのは重いと言われた紗江、結婚したら鬼嫁(フリーザ)に豹変する女性に怯える伸夫、減点方式の恋愛しかできない恭平 、既婚者の遊びに嫌気がさしている菜々子などを追った。

最終回の今週は?


<今週のお独り様>

名前:和宏
年齢:31歳
職業:国際弁護士
ステータス:彼女なし
理想の女性:知的で英語が話せて美人

女性はみんなお金目当てで寄ってくる?


和宏は幼少時代をアメリカで過ごした帰国子女だ。メーカーに勤める父の仕事の関係でたまたまアメリカにいたが、特段裕福でもない。ごく一般的な家庭で育った。しかし大人になり、その語学力が買われて国際弁護士の道へ。今では年収2,000万円を超える。

しかし、社会人になり年収が上がるにつれて女性不信になり始めた。

「結局、みんなお金目当てなのかな、と」

前まで全く相手にしてくれなかったような女性陣が、年収に比例して寄ってくるようになった。自分自身を見て欲しいのに、肩書きと年収の良さで寄ってくる女性の多さに、正直うんざりしている。

仮に国際弁護士という肩書きがなくなり、年収も半分以下になった時、本当に付いてきてくれる女性はいるのだろうか?と疑心暗鬼になっている。

【独りですが何か】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ