独りですが何か Vol.3

独りですが何か:30歳を過ぎた独女との交際は重い...。勝手に責任を感じられるのは大迷惑!

世の中には「女は30歳までに結婚しろ 」「男性が40歳過ぎて未婚・バツなしだと何かあると疑え」という、シングル・バッシングがまかり通っている。

その呪縛に囚われたように焦る人も多いが、果たしてそれは本当に正しいのだろうか?

特に東京においては、男女共に働き方が大幅に変わり、結婚に対する多様な考え方が生まれてきている。そして結婚できないのではなく、しないことを選択する人も増えてきている。

そんな、あえて“結婚しない”人たちの事情に迫る。

これまでに、仕事が楽しくて結婚しない美奈子自由にお金が使える独身生活を満喫中の裕也を追った。

今週は?


<今週のお独り様>

名前:紗江
年齢:31歳
職業:通訳
ステータス:彼氏有り
理想の男性:帰国子女系の優しくて国際的な人

ネットで煽られる、結婚しないと負け犬と言う先入観


「33歳、未婚女子です。どうしたら結婚できますか?」
「今29歳です。どうしても、30歳までに結婚したいんです(泣)」

「必勝!アラサー女子の婚活実録 」「女の幸せは旦那で決まる」 巷ではこんな記事が横行している。紗江の年齢とステータス(独身)のデータが何処かに流出し、ターゲティングされているのではないかと思うほど、ネットや雑誌に目を向ければ毎回「結婚のススメ!」のような記事ばかりだ。

昔から紗江に結婚願望はない。パートナーと仲良くいられるのが幸せだと思っているが、日本はとにかく“結婚ゴール”説が根強すぎて、正直うんざりしている。

そんな世間が作り上げた半ば脅迫のような固定観念のせいで、紗江自身も勝手に世間から婚活世代に分類される。そのせいで、最近彼氏を作ることさえ難しくなってきた。

【独りですが何か】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ