独りですが何か Vol.6

独りですが何か:嫁になる人は妥協しません。30代男性の面倒臭い減点方式恋愛とは?

世の中には「女は30歳までに結婚しろ」「男性が40歳過ぎて未婚・バツなしだと何かあると疑え」という、シングル・バッシングがまかり通っている。

その呪縛に囚われたように焦る人も多いが、果たしてそれは本当に正しいのだろうか?

そんな、あえて“結婚しない”人たちの事情に迫る。

これまでに、仕事が楽しくて結婚しない美奈子、自由にお金が使える独身生活を満喫中の裕也、アラサー女子と付き合うのは重いと言われた紗江、結婚したら鬼嫁に豹変した前妻のトラウマで結婚したくない伸夫、東京市場に良い人がいすぎて選べない美希などを追った。

今週は?

<今週のお独り様>

名前:恭平
年齢:33歳
職業:医者
ステータス:彼女なし
理想の女性:嫁として考えた時に100点満点で笑顔が素敵な人

年齢と共に、女性に対して慎重になる男性陣


恭平が考える女性の最高値は、出会った瞬間である。

仮にミランダ・カーのような小悪魔的美人顔にスーパースタイルという、どタイプの女性がいたとする。出会った時は、100点満点にしか見えない。しかしそんな超S級女子でも、一緒にいる時間が長くなるほど、幻滅する点が多くなっていく。


年齢と共に高くなるプライド。下げられない理想。
加えて、結婚適齢期。

いつの間にか相手に対して求めるものが多くなり、無駄に慎重になってしまった。いつか別れが来るような、軽い関係の人だったらどうでも良い。でも将来、永遠に一緒にいる人は妥協できない。軽く手を出すことさえできなくなった。

【独りですが何か】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ