東京いい街、やれる部屋3 Vol.8

東京いい街、やれる部屋3最終回:遊びつくした元商社マンが行きついた街・神楽坂にしかない魅力

「俺の部屋に来ない?」

ラグジュアリーブランドでPRとして働くレイナ、32歳。

「部屋を見れば、その人の全てが分かる」とはよく言ったものだが、レイナは男たちの選ぶ街と部屋を見ることで、次第にその正体を知っていくことになる。

これまで行った部屋は、広尾在住の残念なイケメン商社マン・浩志、表参道在住のデザイナー達也、目黒でルームシェアをする和樹など。今宵、訪れた部屋は…?


4年前に出会った商社マン、邦夫との再会


―確かあれって元商社勤務の…。名前は思い出せないけど、似てる。

32歳になったレイナが行った食事会に、見覚えのある顔があった。

食事会の場所は、西麻布の『ハウス』。20時のスタートとともに何とか駆け込んだ。32歳になったレイナは今年マネージャーに昇格し、仕事は多忙を極めている。

今日の相手は、IT系の会社経営者だったはずだった。しかし、犬のような人懐っこい笑顔が4年ほど前に出会ったあの商社勤務の男に似ていた。

「邦夫、34歳。商社マンから脱サラして、今は輸入食材販売の会社をやっています。今日は宜しくお願いします。」

やっぱり間違いない。4年前、恵比寿での食事会にいた男で、当時は商社マンだった。キムタクを彷彿とさせるような少し長めのワンレンヘアに、会話の10秒に1回はギャグを仕込んでくるようなお調子者。カラオケでは、佐野元春の「SOMEDAY」をやけに気持ち良さそうに歌っていて、女の子たちがドン引きしていた。

今はあのワンレンヘアの面影はなく、小ざっぱりとした清潔感のある短髪だ。それでも、やっぱり彼であることは間違いない。

【東京いい街、やれる部屋3】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ