東京婚活マーケット分析 Vol.6

東京婚活マーケット分析:医学部入学と同時に、既に人生勝ち組!医師はホントに優良案件なのか?

今まで東カレWEBでは、主要読者層である東京のハイスペックな男女たちを主人公にした多数のドラマやエッセイをお送りしてきた。

登場人物を職業ごとに分け、暗喩的にその職業の男女の良し悪しを描いてきた。その中で、東カレWEBの読者には結婚関連の記事の需要が極めて高いことが明らかになってきた。 それは、東京結婚式明細や、新・東京婚活事情の異様に高いページビューが物語っている。

そこで我々は、東京ハイスペック男女の職業別の恋愛・婚活傾向の分析を深めることにした。これは東カレWEB編集部の叡智を集結させた、完全ノンフィクション作品だ。

外銀女子外資コンサル男子CA商社マン損保OLに続き、今回は婚活市場で最優良案件とも言える、医師という職業を解析する。


未婚アラサー医師は、3,600名と推測


<医師の棲み分け>

①:勤務医
②:開業医
③:研究職

<医師の詳細>

妙齢の医師の母数:推定14,400名
算出ロジック:1学年1学部男子平均約80名と仮定×関東医学部15校×23‐34歳で12学年で約14,400名。

アラサーまでの推定未婚率:25%
婚活市場の潜在母数:約3,600名

<出身大学>

東大、慶應、慈恵、日本医科、順天堂など

医師の魅力:安定性と高収入を兼ね備えた、文句ナシのSランク


今も昔も変わらず、婚活市場に於いて絶大な人気を誇るのが、「医師」という職業だ。

都内には結婚相手を医師に絞って婚活に励む女性も多く、男性会員を医者に限定した結婚相談所の存在するほど。安定性・高収入・ブランド力をこれほど兼ね備えた職業は他にはないと言っても過言ではない。

また、医学部生の半分以上は、親も医師だというデータがある。よって、家柄もほぼ保証されていると言って良いだろう。

勤務医でも年収は20代で平均1,500万円、開業医でそれなりの成功を収めれば、収入は増える。

いったん医師にさえなれば、他のビジネスマンとは異なり、倒産やクビなどの心配はほぼない。医師の需要は日本全国どこにでもあるため、職を失うことも、まずない。

東京婚活マーケットでの市場価値は、総合的にSランクと言える。

【東京婚活マーケット分析】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ