東京婚活マーケット分析 Vol.3

東京婚活マーケット分析:バブル期は「女の花形」と言われたCA、絶賛デフレ進行中

今まで東カレWEBでは、主要読者層である東京のハイスペックな男女たちを主人公にした多数のドラマやエッセイをお送りしてきた。

登場人物を職業ごとに分け、暗喩的にその職業の男女の良し悪しを描いてきた。その中で、東カレWEBの読者には結婚関連の記事の需要が極めて高いことが明らかになってきた。 それは、東京結婚式明細や、新・東京婚活事情の異様に高いページビューが物語っている。

そこで我々は、東京ハイスペック男女の職業別の恋愛・婚活傾向の分析を深めることにした。これは東カレWEB編集部の叡智を集結させた、完全ノンフィクション作品だ。

外銀女子外資コンサル男子に続き、今回はキャビンアテンダント(以下CAと表記)を紹介する。


未婚現役大手航空会社CAは、3,500名と推測


<CAの棲み分け>

①:国内大手航空会社(JAL、ANA)
②:外資系航空会社(シンガポール航空、エミレーツ航空、キャセイパシフィック航空など)
③:JAL、ANAグループ子会社、独立系航空会社など(JTA、エアージャパン、バニラ・エア、スカイマークなど)

<最大勢力である国内大手航空会社CAの詳細>

国内大手航空会社CAの母数:7,000名
算出ロジック:1学年1社平均約400名と仮定(新卒採用)×2社×23‐35歳で12学年で約10,000名。5年以内に辞める確率は約50%だが、中途入社も多く、現役CAは7,000名くらいか。

アラサーまでの推定未婚率:50%
婚活市場の潜在母数:約3,500名

<出身大学>

上智、同志社、青学、立教、東京女子、日本女子、聖心女子、白百合女子、その他女子大多数。

誰もがCAになれる時代に突入。よって、市場価値は下降気味?


バブル期を頂点に、「女の花形職業」「高嶺の花」と、多くの女性たちの憧れの的であった、CA。

一般的には、容姿端麗、優雅な立ち振る舞い、そして堪能な語学力を持つとイメージされる。男女共に、一度は憧れを抱くと言っても過言ではない人種であり、そのため、恋愛話のネタにもなりやすい。

ここでは主に国内大手航空会社のCAについて語るが、基本的に彼女たちは、お嫁さん候補として申し分なく、東京恋愛マーケットで上位に位置することは間違いない。

しかし。

羽田空港国際便の再開や、インバウンド需要も伸びていることから、近年ではCAの大量採用が続いている。

JALとANAの新卒と既卒採用を合わせただけでも、毎年1,000人以上のCAの採用を行い、子会社や外資系航空会社などの採用も合わせれば、年間約3,000人ほどの女子がCAという職業に就いている計算となる。

一部航空会社では短大卒の採用も始め、一昔前は100倍と言われた倍率も、現在では20倍前後と、比較的入社しやすい。よって、とにかく人数の多い彼女たちの市場価値は、一言では語り尽くせないのが現状だ。

【東京婚活マーケット分析】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ