東京婚活マーケット分析 Vol.5

東京婚活マーケット分析:「可愛いOL」の代名詞、損保OL。超安定志向は、長所?短所?

今まで東カレWEBでは、主要読者層である東京のハイスペックな男女たちを主人公にした多数のドラマやエッセイをお送りしてきた。

登場人物を職業ごとに分け、暗喩的にその職業の男女の良し悪しを描いてきた。その中で、東カレWEBの読者には結婚関連の記事の需要が極めて高いことが明らかになってきた。 それは、東京結婚式明細や、新・東京婚活事情の異様に高いページビューが物語っている。

そこで我々は、東京ハイスペック男女の職業別の恋愛・婚活傾向の分析を深めることにした。これは東カレWEB編集部の叡智を集結させた、完全ノンフィクション作品だ。

外銀女子外資コンサル男子CA商社マンに続き、今回は「可愛いOL」の代名詞、損保OLを解析する。


未婚アラサー損保OLは、2,520名と推測


<損保OLの棲み分け>

①:総合職
②:エリア総合職
③:一般職

<損保OLの詳細>

損保OLの母数(エリア総合職および一般職):推定7,200名
算出ロジック:1学年1社平均約200名と仮定×大手3社×23‐34歳で12学年で約7,200名。

アラサーまでの推定未婚率:35%
婚活市場の潜在母数:約2,520名

<出身大学>

慶應、早稲田、MARCH、学習院、その他女子大など

典型的「可愛い日本人女子」の宝庫である、損保会社


東京で、可愛いOLはどこに勤めている?と聞けば、恐らく誰もが大手損保会社の名前を挙げるだろう。ここでは主に、エリア総合職・一般職の損保OLについて分析を進めたい。

福利厚生の手厚い、昔ながらの安定した日系企業である損保を就職先に選ぶ女子は、「真面目」「女らしい」「家庭的」という、いわゆる典型的な日本人女性としての長所を兼ね備えている確率が、非常に高い。

加えて、特に目立って華やかというわけではないが、外見も可愛らしく、雰囲気美人。ゆるふわ系モテ女子が多い。東京婚活マーケットの市場価値的には、B+評価と言える。

※損保OLの上位数パーセントの一握りの中には、高学歴・アイドル級に可愛い顔をしたAランク以上の女子も存在する。

【東京婚活マーケット分析】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ