東京婚活マーケット分析 Vol.4

東京婚活マーケット分析:一生安泰、無敵の商社マン!しかし、「上には上がいる」哀しい現実...?

今まで東カレWEBでは、主要読者層である東京のハイスペックな男女たちを主人公にした多数のドラマやエッセイをお送りしてきた。

登場人物を職業ごとに分け、暗喩的にその職業の男女の良し悪しを描いてきた。その中で、東カレWEBの読者には結婚関連の記事の需要が極めて高いことが明らかになってきた。 それは、東京結婚式明細や、新・東京婚活事情の異様に高いページビューが物語っている。

そこで我々は、東京ハイスペック男女の職業別の恋愛・婚活傾向の分析を深めることにした。これは東カレWEB編集部の叡智を集結させた、完全ノンフィクション作品だ。

外銀女子外資コンサル男子CAに続き、今回は不屈の人気を誇る、商社マンを紹介する。


未婚アラサー商社マンは、2,700名と推測


<商社マンの棲み分け>

①:総合商社(三菱商事、三井物産、住友商事など)
②:専門商社(阪和興業、JFE商事、伊藤忠エネクスなど)

<五大商社マンの詳細>

五大商社マンの母数:推定9,000名
算出ロジック:1学年1社平均約150名と仮定×5社×23‐34歳で12学年で約9,000名。

アラサーまでの推定未婚率:30%
婚活市場の潜在母数:約2,700名

<出身大学>

東大、京大、慶應、早稲田、同志社、関西学院など

商社マンの魅力:多くの魅力を兼ね備えた、結婚したい男性の職業ナンバーワン!


結婚したい男性の職業ナンバーワンと言えば、不屈の人気を誇るのが「商社マン」だ。

東カレでも「商社マン優作」を筆頭に、彼らが題材となる連載は多く、常に人気を博している。ここでは、総合商社マンについて分析を進めたい。

「高収入」「ブランド力」「一生安泰」「憧れの海外駐在」

これらのカードを揃えた商社マンは、婚活女性にとっては当然魅力的である。「商社マンと結婚したい」「将来は駐妻になりたい」と、声高らかに宣言する女性も非常に多い。一般的に、彼らと結婚した女性たちは、鼻高々である。

年収は30歳で1,000万円前後、日本の看板を背負い、グローバルに活躍する商社マン。東京婚活マーケットでは、一種の指標になる存在であり、市場価値は上位Aランクと言えるだろう。

【東京婚活マーケット分析】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ