崖っぷち結婚相談所 Vol.11

崖っぷち結婚相談所:婚活成功の鍵は、「大人」になること?複数同時進行で、相手を見極めろ

典型的な結婚できない女、杏子、32歳。

慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2,000万円を優に超える。

美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。

婚活に危機感を持ち始めた杏子は、結婚相談所に登録した。婚活アドバイザーの直人からアドバイスを受けつつ2回目のマッチングは、成功段取りの悪い相手に苛立ちながらも、杏子はデートを無事済ませた。そして...?


心ここにあらずな杏子。仕事ミスの原因は...?


杏子は柄にもなく、仕事で何度もミスをした。

普段はしない物忘れをしてしまい、大事なクライアントとのミーティング中でも身が入らずに、つい意識が飛んでしまう。

上司や同僚からも、怪訝な視線を向けられた。普段は仕事に妥協を許さない杏子に対して、彼らは咎めるというより、「体調でも悪いの?」と、何度も心配してくれた。

―私らしくない、しっかりしないと...。

濃いエスプレッソをダブルで一気に飲み干すが、やはり杏子は、いつものようにエンジンがかからず、集中力も長続きしない。

優秀な杏子が、こんな精神状態に陥ったのは、初めてのことだった。不安で心細く、自分が自分でないように思える。

杏子は、「魔女の宅急便」のキキが、急に箒で飛べなくなり、猫のジジの言葉が分からなくなってしまったシーンを思い出す。

そう、原因は分かっている。あの物語のトンボみたいな男、正木のせいなのだ。

それを意識すると、杏子の胸のあたりは、キュッと切なく締め付けられた。

【崖っぷち結婚相談所】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ