美女ドライブ Vol.5

人ごとには思えない…? ズルい関係にピリオドを打った、金曜ラストドライブ

高級車と美女。

コインの表裏のように互いに無くしては語れない極上のコンビネーションは、いつの時代も我々の心を掴んで離さない。

車中で東京の男たちが織りなす、魅惑の美女たちとの今宵の駆け引き。これまで、ランボルギーニ・ガヤルドオーナーの金曜深夜、BMWオーナーのビタースイートな関係、元カノとの横浜でのドライブデートが忘れられないフェラーリオーナー、結婚に向かない独身貴族のランボルギーニ・ウラカンオーナーの話をお送りした。

Episode 5では、お台場で別れを告げた、金曜夜のドライブデートをお送りする。


大学の歯学部時代から付き合ってゴールインした由美とは、結婚して6年になろうとしていた。

「りょうちゃん。私ね、妊娠したみたいなの」

嬉しさのあまり2人で抱き合って喜んだ瞬間は、いつ思い出しても顔が緩んでしまいそうになる。不妊治療を始めようかと検討し始めていた矢先、突然の朗報に亮平は感極まって思わず涙ぐんだ。


ただ、亮平には無条件に喜んではいられない事情があった。

2年ほど前から、暇を縫っては会っていた人がいたからだ。それが、3歳年下の亜里沙だった。

出会った当初、自分が妻帯者であることを伝えてはいなかったが、間もなくして、日焼けした左手の薬指に指輪の跡が残っているのを見たり、土日には連絡が取れないことに気が付き、亜里沙は薄々気づいていたようだった。

それでも、機会を見つけては会い続けた。ある時、亜里沙は亮平にこんなことを言ったこともある。


「亮平と奥さんの邪魔をしようなんて思ってないから。こうして会ってくれるだけで十分」


亮平は職場へ向かいながら、昨夜の出来事を思い出していた――

「今日は定時で上がれると思うから、17:40に品川駅の方まで迎えに来てくれる?」

亜里沙からLINEにそう連絡が来ると、普段より早めにクリニックを出て、品川に向かった。彼女が勤務するオフィスの裏道に一時停車し、彼女が下へ降りてくるのを待った。

「ごめん! お待たせ……」

亜里沙は金曜の夜に相応しく、華やかな装いにしっかりメイクをして現れた。初めて会った時から彼女には色気を感じていたが、いつ会っても「女らしさ」という妖艶さがあった。質素で素朴な雰囲気を持つ、妻の由美には無い魅力。

「久しぶりだね」と始めた会話が、付かず離れずな2人の関係を色濃く表していた。


最後に2人で会ったのは1カ月半ほど前だろうか。前回会おうとした時は、妻の弟が急遽出張で東京に来ることになり、亜里沙との約束をドタキャンせざるを得なかった。

「この前は、折角予定空けておいてもらってたのに、ごめんな」

「……ううん、大丈夫。仕事忙しそうだし、大変そうだね」

2人の会話では、肝心な事には触れず、深入りしないのが暗黙の了解になっていた。グレーなことには白黒つけない。関係に亀裂が入るような話は、2人とも極力避けていた。それもあって、亜里沙は特に会えなかった理由を聞いてくることはしなかった。


「今日は、お台場にでも行こうか」

そうして、2人を乗せた車はお台場へと向かった。

子供が出来たから、家族を大切にしたいから、こうやって会うことはもう止めたいと言ったら、彼女はどう思うだろう……運転をしながら、亮平は亜里沙を傷つけない方法を考えていた。

LINEも未読無視し、何もなかったかのように亜里沙のいない生活を送ることの方が、どんなに簡単だろうか。一時期、由美との関係に悩んでいた亮平は、亜里沙に弱音を吐けたことで救われた。亜里沙に背を向けて去るようなことは出来ないと、亮平は後ろめたさを感じていた。

寧ろ、何も言わずにフェードアウトする方が、よっぽど親切かもしれない……

【美女ドライブ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ