産まない女 Vol.6

産まない女:酸いも甘いも経験した30代。自分のことは自分でするという覚悟

少子化の今、産まないという考え方は“悪いこと”なのだろうか。

多くが出産を望み、命が生まれることは素晴らしいことだ。しかし、“産まない”という選択肢を選ぶことも否定はできない。決して子供が望めない体でもない、嫌いなわけでもないが、産む決断と同じように、産まない決断をする女性も増えている。

これまで、20代にして産まないことを決意した和香(29)、DINKSでいることを選んだ真奈美(36)、独身を謳歌しているバツイチの恵美(43)、結婚15年目を迎えた香織(46)を紹介した。

前回からはこれまで結婚も出産もすることなく、ひとりでここまで生きてきた雪乃(49)にスポットを当て、彼女の20代を振り返った。今回は30代のころ、人生で一番辛かった経験について話を聞きたい。


31歳:仕事が軌道にのり、人生が楽しいと実感していた


27歳で選んだ選択は間違えていなかった。当時の彼のプロポーズを断り、母にも正直に自分の気持を伝えたあとは、自己満足だが清々しい気持ちでいっぱい。とにかく、この5年は仕事に打ち込み、気がつけば立場はどんどん上がっていた。

部下ができれば“結婚” “出産”というのも、全く考えようと思わない。むしろ彼女たちを一人前にするまでは休めないな、と自分に言い聞かせていたのだ。それは誰かの犠牲で生まれたことではなく、わたし自身がそうしたいからだった。

29歳を過ぎるころには半数以上の友人が結婚。わたしはいわゆる“行き遅れ”のひとりとしてカウントされていた。32歳になれば嫌でも周りから「結婚は?」「早く孫見せてあげないと」とプレッシャーを掛けられる。したくない理由を解ってもらえない人に説明するのは、面倒だったので「いい人がいればね」と話し、いつもその場を収めていた。

なかには有り難いことに、結婚相手を紹介してくれる人もいたが「仕事が忙しい」と断り、この歳までおひとりさまを満喫。年収も700万円を超え、自分の趣味にも没頭するようになった。幼いころからひとりでいることが好きだった私にとって、“一人旅”はご褒美。とくに金沢はお気に入りのスポットだった。


まだ当時は北陸新幹線が開通していなかったので、いまより混雑することもなくゆっくり街並みを楽しめた。基本は徒歩で移動することができるので、一泊二日がちょうどいい。小京都と言われるだけあって「ひがし茶屋」はただ散歩するだけでも魅力的だし、忍者寺と言われる「妙立寺」には面白い仕掛けがあり、30歳を越えた自分でもワクワクした。

昨年、惜しくも閉店してしまったが『小松弥助』にも足を運び、日本の頂点と言われるお鮨を堪能。気さくなご主人と奥さんは、その後足を運んだときも暖かく迎えてくれて、いつもお土産に“おにぎり”を持って帰ったものだ。

傍から見れば寂しそうに映るかもしれないが、ひとりで好きなところに行ける自由が嬉しい。仕事も充実していて、いつまでもこの楽しさが続けばと思っていた。

【産まない女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ