読者モデルの闇 Vol.5

読者モデルの闇:売れ残った32歳。世界から自分が消えても何も変わらない

一昔前のモデルブームと違い、今は身近な存在の読者モデルがもてはやされる時代に。しかし、その代償は大きく彼女たちを取り囲む闇は深い。

労働時間に対して低すぎる給与、読者モデル自体の供給過多による失われていくポジション、意外なほど少ない職場外での男性との出会い。

これまで“うさぎ・トラップ”に泣かされたまさみや、インスタ地獄にはまる沙希、日給3,000円の美和、そしてプロ彼女の座を狙う加奈子を紹介してきた。

ラストは華やかな世界にいつまでも居座ってしまい、自分の売り時を逃してしまった32歳の“もえ”から話を聞く。

順風満帆な20代の人生。恋人にも恵まれていた


これまで20代の読者モデルへ話を聞いてきたが、今回は32歳でも現役で読者モデルをしているもえに協力を仰いだ。

「この年齢になって読者モデルだけ、と言うのはとても厳しいです。みんな主婦や仕事の肩書と合わせて、雑誌で取り上げられる人がほとんど」

もえは柔らかい巻き髪が特徴的で、年齢に似つかわしくなく幼い印象。それは彼女が着ているワンピースが、20代向けのブランドということもあるのだろうか。彼女いわく30代を超えたときから大抵のモデル仲間は結婚か、キャリアアップを測るそうだ。

その後はママ系モデルやバリキャリ系モデルとして、これまでの若い層からワンランクアップした雑誌で活躍。一定のファンがつけば、ブランドとのタイアップや商品開発など、表舞台でも裏方でも仕事が増えてくる。仕事に余裕があればそれはライフスタイルにも影響し、新たな居場所を見つけた彼女たちはさらに輝きを放つ。

20代のとき、仲のいい先輩に「可愛いだけで通用するのは25歳まで」と言われた言葉がいま身に沁みて感じる。もえは10代のときから読者モデルとして活躍し、20代前半では仕事のオファーがかなりきていた。フリーで活動することにも限界を感じ、22歳のときは大手芸能事務所に所属。雑誌だけではなくテレビでの露出も増え、忙しい日々を送っていた。

そして当時、もえには付き合っていた彼氏の“亮”がいた。表参道で美容師をする亮は、サロンモデルをしていたもえと出会い彼からアプローチ。彼の真っ直ぐなところと、仕事を一生懸命にこなす姿勢に胸を打たれ、交際をスタートする。もえを可愛くできるのは自分しかいないと豪語し、女としてだけではなくモデルとしての価値も高めてくれた。

しかし、もえが25歳になったとき別れは突然訪れたのだ。

【読者モデルの闇】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ