読者モデルの闇 Vol.4

読者モデルの闇:プロ彼女を目指す計算高い23歳。彼女の策略は成功するのか?

一昔前のモデルブームと違い、今は身近な存在の読者モデルがもてはやされる時代に。しかし、その代償は大きく彼女たちを取り囲む闇は深い。

労働時間に対して低すぎる給与、読者モデル自体の供給過多による失われていくポジション、意外なほど少ない職場外での男性との出会い。

これまで“うさぎ・トラップ”に泣かされたまさみインスタ地獄にはまる沙希日給3,000円のギャラ事情を話してくれた美和の3人を紹介した。今回はプロ彼女の座を狙う上昇志向の加奈子について。

その前に「プロ彼女」について説明したい。もともとはエッセイストである能町みね子さんと漫画家である久保ミツロウさんが提唱した言葉。芸能人や有名人としか付き合わない女性を指し、彼女たちはネットで検索しても名前、ブログなどが一切見つからない。なのに容姿端麗であり、業界の男をぐるぐると回っている。一般人だけど、一般人じゃないという意味をつけて「プロ彼女」と名づけられているのだ。

そんな一般人女性の中ではヒエラルキーのトップに君臨できる、プロを目指す彼女の策略とは?

読者モデルは自分の価値を上げるためのおまけ


「読者モデルとしては別に有名にならなくていいんです。それよりも芸能人の妻になりたい」

そう話すのは加奈子23歳。現在はOL業と読者モデルの二足のわらじを履いている。そして大学生時代から赤文字系の読者モデルをしていた加奈子は、いわゆる“プロ女子大生”の顔も持ち合わせていた。きっか......


【読者モデルの闇】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo