• PR
  • 100kmのフレンチフルコース Vol.1

    出会って10日目の男女が恋に落ちた謎のデートコースがオシャレすぎる!(前編)

    男と女にとって、ドライブデートはふたりの距離を縮める絶好のチャンス。

    化粧品会社に勤めるリエ(30歳)は、週末に現在進行形の気になる彼にドライブに誘われたばかり。それも“100kmのフレンチフルコース”なる謎のドライブだった。

    「土曜日昼からのドライブデートだなんて、向こうはもうつき合いたいぐらいのテンションなんじゃないの?」

    「盛り上げないで!いまは期待し過ぎないようにしてるんだから」

    金曜夜の女ふたり飲みは、結局いつもこんな話になる。

    「リエに彼氏ができたら、金夜に飲む相手がいなくなって寂しいなぁ」

    同僚の陽子はそういいながら、白ワインのグラスを飲み干した。

    「ふたりで会うのは3回めだし、まだ分からないよ」

    とは言ったものの、これまでの2回のデートはとても楽しくて、いつもあっという間に終電になっていた。


    先週木曜日の合コンで出会ったばかりの淳さんは、私よりも1つ年上の31歳で、大手総合商社勤務。背も高くて明らかにモテそうなひとだ。

    イケメンなのにSNSのプロフィール写真は下からあおって撮った写りの悪い写真を使っていて、それがまた好感度が高い。実物の方が数倍よくて、そう思っている女性は私だけじゃないだろう。飾らない男性は魅力的で、淳さんはなおかつイケメンだから、どれだけモテるか計り知れない。すっぴんが色っぽい美人みたいなものだ。

    だから、まだ用心できない。他の女の子ともLINEやデートをしているかもしれない。プレイボーイに振り回されるのはもうまっぴらだ。どんな人なのか、じっくり時間をかけて知っていきたい気持ちでいる。

    1回めのデートは合コンの翌日のバル。仕事帰りに誘われて、ちょっと飲むだけのつもりが、話が楽しすぎて終電になってしまった。

    そして2回めのデートは今週の火曜日。その前夜も陽子とふたりで飲んでいて、
    「リエ、明日もしも向こうが迫ってきても、今回はまだ絶対にしちゃダメだからね!」

    「うん、しない!」

    「出し惜しみして価値を高める作戦で!」

    「何それ(笑)。大丈夫、私いま慎重だから」

    なんてシミュレーションしたりしたけど、結局まだ手も握られてない(苦笑)。

    あ、でもバーで彼がお手洗いに立つとき、通りがかりに私の肩に挨拶みたいに触れていった。軽く撫でるみたいな感じで、そのせいで戻ってくるまでの間、ひとりでドキドキしてしまった。

    そのあと、カクテルを飲みながら「今週末、ドライブに行こう」という話になったのだ。というのも淳さんは最近クルマを買ったばかり。話しぶりからして、まだ誰も助手席に乗っていないみたい。

    【100kmのフレンチフルコース】の記事一覧

    もどる
    すすむ

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ