学歴カレンダー Vol.3

学歴カレンダー:慶應女子、日大卒のベンチャー企業戦士に心が揺れるとき

前回までのあらすじ

神奈川県の公立高校から、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、丸の内の大手人材会社に勤める絵理奈(28)。周りの友人たちは“恋愛対象になるのは最低でも早慶レベル"と口を揃える。彼女自身も、明治大卒の元カレからのプロポーズを断り、様々な学歴の男とのデートを試みる。

そんな折、早稲田男子・浩哉との残念なデートを経て、大手商社マンとの食事会に臨んだ。しかし、社会人デビューの東大卒・宏太に振り回される結果に。がっかりした矢先、ふいに現れた男性とは……?


女友達の結婚を喜べなくなったのは、いつからだろう?


東京での恋愛。多くの出会いはあるが、息つく暇がないと感じるのも事実だ。予定はどんどん埋まっていくのに、なかなかうまくいかない。絵理奈はそんな状況に焦っていた。

今日は三連休前日の金曜日、会社の同期4人で”肉“女子会。今回はペニンシュラ東京に入っている『ステーキ&グリル Peter』に決まった。ホテルでの女子会、皆のテンションが高まりLINEも賑わう。すると、メンバーのうちの1人が婚約者を紹介したい、と切り出した。LINEの未読メッセージがさらに溜まる。女子会と言っても、誰かしらのパートナーを紹介するのが最近の通例だ。

レストランがある24階に向かって、エレベーターの上昇と同時にテンションも一気に高まった。東京の中心を一望できる抜群のロケーションと、ラグジュアリーな内装。非日常的な空間にしばし酔いしれる。


皆揃い、シャンパンでの乾杯と共に婚約者の紹介が始まる。彼は、大手広告代理店から独立し、インターネット広告の会社を経営している社長系。女性陣に気を遣ったのか、仕事仲間だという男性を3人ほど連れて来た。

話題は、自然と婚約間近の二人の話になる。繰り返される「おめでとう」という言葉や、結婚に至るまでの経緯。そんな話を聞きながら、黙々と料理に集中する。3種類のステーキが少しずつ楽しめる「グリルテイスティング」を、赤ワインとともに1つずつ堪能する。

女友だちの結婚を素直に喜べなくなったのは、いつからだろう。結局、男性陣の顔と名前が一致しないまま会はお開きになった。

消化不良な気持ちを抱えた週末の夜。絵理奈が連絡した相手とは?


皆と別れ、1人で皇居の周りを散歩した。うまくいかない恋愛、幸せそうな二人。金曜日のこの時間の消化不良な気持ちは厄介だ。LINEの友だち一覧をスクロールしてみる。しかし、今誰かに連絡しても、この気持ちは収まらないだろう。明日は結婚式の二次会がある。このまま家に帰って明日の準備をしよう、そう思いスクロールする手を止めた。



翌日、表参道の『カシータ』に向かった。大学時代の男友達の二次会だ。新婦は長身の美人で、来ている女性陣のレベルも高い。ふと、気合を入れて選んだワンピースが恥ずかしくなった。ワンショルダーで足には深いスリットが入っている。自己嫌悪に陥ると、昨夜からの消化不良な気分はピークに達する。

余興のゲーム中、思わずLINEに目を向ける。1通の新着メッセージが表示されていた。昨夜の食事で一番遠くの席にいた啓介だった。昨夜はあまり話せなくて残念だった、と控えめな好意を感じさせる。アイコンの小さな写真を凝視しながら、朧げな記憶を呼び戻す。

確か、ベンチャー企業勤務の28歳。3人の中では一番好印象だった。同い年だし、気軽に飲む相手としてはいいかもしれない。今から表参道に来れないか誘ってみた。昨日会ったばかりの男を誘うのはそれなりの勇気がいる。すると、「了解!」と即レス。土曜日の夜、こんなにすぐに相手が捕まるとは……。少し、拍子抜けした。

【学歴カレンダー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ