学歴カレンダー Vol.1

学歴カレンダー:慶応女子と早稲田男子のファーストデート。『やさい家めい』は正解か!?


東京での恋愛。三低がウケる時代になったとはいえ、未だにスペックを無視できない人は少なくないだろう。女性が選ぶ男性は、高収入、高身長、そして、高学歴……? 揃っているに、越したことはない。

なかでも、高学歴の女性にとって、相手の男性の学歴が全く気にならないといえば嘘になる。

神奈川県の公立高校から、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、丸の内の大手人材会社に勤める絵理奈は28歳。高校時代から10年間付き合った、明治大学卒で電機メーカーに勤める元カレからの「40万円程度の婚約指輪」によるプロポーズを受け、自分が求める世界との違和感を埋められずに、その申し出を断った。

彼女の周りの友人も、“恋愛対象になるのは最低でも早慶レベル”と口を揃える。

絵理奈が様々な学歴の男性とデートを重ね、学歴と恋愛、結婚の相関関係を検証していく。


ホームパーティで出会った、早稲田政経卒のラガーマン。


「ホームパーティー?」

3月のとある日、早稲田出身の男友だちから連絡があった。早稲田出身の男と出会う機会は意外に少ない。周りの友達の多くは慶應出身だし、合コンでも相手は慶應卒が多い。

早稲田男子は垢抜けない、と嫌がる女友達もいる。しかし、バンカラで男らしい雰囲気があるので、絵理奈は嫌いではない。

ホームパーティーには、男女合わせて10人ほど集まった。会場は芝浦のタワーマンション。男性陣は大学時代の留学サークルの仲間らしい。国際色が強く、人としてのレベルが総じて高いと感じた。その中で一人、積極的に声をかけてきた男がいた。浩哉、30歳。赤坂にある貿易関連の会社に勤めている。絵理奈が慶應卒だと知ると、

「絵理奈ちゃんは慶應ガールなんだね。」

と、警戒しているようだった。

早稲田男子が慶應ガールに抱くイメージは、“プライド高そう“、“お金かかりそう“、“欲張りでわがままそう。”

そんな話を聞いたことがある。(そしてそれは、決して間違いではない。)

しかし、早稲田男子は根が田舎者が多そうなので、慶應の華やかさに憧れを持つ男性も少なくないはずだ。絵理奈はそう踏んでいる。

ホームパーティーの後、毎日のように浩哉から来るLINE。既読スルーしても、ガツガツ送られてくるブラウンのスタンプ。女性の扱いにはあまり慣れていないようだ。しかし、絵理奈は元カレと別れたばかり。腕ならしにはちょうどいい。

日々のLINEの中で彼のステイタスをそれとなく聞き出した。高校から早稲田に入り、大学は政治経済学部政治学科に進学。中学まではサッカー、高校からラグビーを始めたらしい。実家は目黒にあり、代々続く政治家の家系。父親は国会議員で、母親は専業主婦。

絵に描いたような早稲田男子だ。予想以上のステイタスに、気持ちが浮き立つのを感じた。

ファーストデートで麻布十番を指定。案外、彼は遊び慣れている?


ファーストデートは、金曜21時、麻布十番を指定された。実は、結構遊び人なのかもしれないと、気を引き締めた。

絵理奈は、早稲田男子に嫌われないよう、分かりやすいブランド物は避けることにした。いつも使っているイヴ・サンローランからFURLAの鞄に持ち替える。

デート当日、浩哉はすでに待ち合わせの改札にいた。ゆっくりと近づきながら彼の様子を観察する。

身長が高く、ラグビーをやっていた彼は、私服よりスーツの方が断然見栄えが良い。左腕に光る時計も、ブランドは分からないが悪くない。スーツの着こなしは及第点、安心して声をかけた。

「浩哉くん! お疲れさま。」今着いたかのように声をかけた。

「おぉ、久しぶり。」彼の目の動きをゆっくり観察する。

「絵理奈ちゃん、今日はできる女って感じだね」彼は少し照れながら言った。

「野菜が好きって言ってたよね?野菜が美味しいお店を予約したよ。」

絵理奈は胸が高鳴った。昨年末、西麻布にオープンした『gina』だろうか。あそこの21時からのアラカルトメニューは是非食べてみたいと思っていた。今日はツイてるかも……そう思い、彼のあとをついていった。

【学歴カレンダー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ