忘年会シーズン到来!『東カレ』がお店選びをお手伝い! Vol.3

参加者は肉食?魚派?多数決で選びたい忘年会の名店5選

オマール海老をまるまる一尾ローストし、ハーブやケイパーを効かせた「活オマールエビのロースト」(¥3,350)は迫力満点のひと品。和の器で提供されるのも趣のある演出だ 宴会予算@¥6,000〜

最高の食材にひと手間かけたメニューがそろう
築地仲卸直営のビストロ
『Uokame』

築地仲卸の直営店というと、まず和食をイメージするが、こちらは本場フランス仕込みのシェフが手がけるビストロ。その時期最もおいしい産地から届いた新鮮な魚介類を、シェフがひと手間かけてぜいたくな味に仕立てた料理で人気だ。

フレンチのエッセンスが効いたメニューだけでなく、鮮度抜群の刺身や鍋料理なども楽しめるバランスのいいメニュー構成も魅力。ドリンクも日本酒やワインなどがそろう。

2015年10月にリニューアルしたばかりの店舗は、2階に落ち着いたテーブル席が設けられ、忘年会などにも対応できるようになった。

絶妙な火加減でぷりっとした食感に仕上げた牡蠣に、カラスミを贅沢に組み合わせた「牡蠣とカラスミの軽いバターソース」(¥1,450)

ウニの濃厚な味わいを堪能できる「生ウニのパスタ」(¥3,200 ハーフサイズ¥1,900)

「おまかせ刺身盛り合わせ」(1人前¥1,500・写真は3人前・日によって価格に若干変更あり) 宴会予算@¥4,500~

路地裏の隠れ家に集まって
旬の刺身をたっぷりいただく
『虎杖 裏店』

旬の魚をリーズナブルな価格で味わうなら、やっぱり築地。築地場外に6店舗展開する『虎杖』の中でも、グループで楽しむならこの『虎杖 裏店』がおすすめ。新鮮な刺身の盛り合わせは、そのコスパのよさに驚くはず。

ウニやイクラなど12種類ものネタを惜しげもなく使った「海鮮ひつまぶし」はぜひ試したい人気メニューだ。オーナーが京都出身なので、一品料理には、ホッとするような京風のおばんざいも。

昼は観光客で賑わう築地場外も夜はひっそりとした雰囲気。入り組んだ路地裏を訪ねる隠れ家感も楽しい。

「海鮮ひつまぶし」(¥2,380)。一膳目は海鮮丼として。次はシイタケなどの甘煮を加えてウニご飯に。最後は出汁をかけてお茶漬けで

「これを食べずに帰れない」というファンも多い名物「小えび天ぷらカレーうどん」(¥1,200)

出てきたとたん、歓声が上がる「モンスターコンボ」(¥20,000)は5~6人前。味付けはケイジャンソース、ガーリックバター、アンチョビオニオン、ハーブレモンの4種から選べる 宴会予算@¥5,000〜

話題の手づかみシーフードは
豪快にかぶりついて楽しむ
『Fingers 神保町店』

気のおけない仲間たちと、ビール片手にワイワイ楽しむような忘年会なら、2015年話題になった「手づかみシーフード」という手も。とにかく、インパクトがすごい。

バケツサイズの鍋で登場する「モンスターコンボ」の頂上に鎮座するのは、真っ赤にスチームされたロブスター2匹。その下にはズワイガニやタラバガニの脚がいっぱい。

ムール貝や有頭エビ、ハマグリのほか、とうもろこしやソーセージなどの野菜もたっぷり詰まっている。これをハサミ片手に、手づかみでかぶりつく。間違いなく盛り上がりそうなスタイルだ。

「1本魚のまるごと唐揚げ」(時価)は、トマトベースのサンバルソースで

肉のメニューも。「バッファローウィングチキン」(¥694)は隠れた人気メニュー

最終回の明日は、人気店が軒を連ねる六本木エリアの忘年会にぴったりなお店を6軒まとめてご紹介!

【忘年会シーズン到来!『東カレ』がお店選びをお手伝い!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo