SPECIAL TALK Vol.2

【東カレSPECIAL TALK】楽天株式会社 代表取締役会長兼社長:三木谷浩史
~加速するグローバリゼーションのなか、国というカタチにこだわるのは、もう古い~

2020年のニューリーダーたちに告ぐ

31歳という若さで起業し、日本を代表するインターネットサービス企業としてワールドワイドに挑戦を続ける楽天株式会社・代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏。

2012年には経済団体「新経済連盟」の代表理事に就任しているほか、野球やサッカーなどのエンターテインメントの世界にも携わる。その活躍は正に八面六臂――今もっとも忙しい日本人の一人と言っていいだろう。

対談者は、フューチャーアーキテクト代表取締役会長の金丸恭文氏。 次世代のニューリーダーたる東京GENTSへ、グローバルな競争を勝ち抜くためのメッセージがここに。

三木谷浩史氏 楽天株式会社 代表取締役会長兼社長

1965年神戸市生まれ。一橋大学商学部卒業後、日本興業銀行入行。93年、ハーバード大学MBA取得。96年クリムゾングループ設立。97年エム・ディー・エム(現楽天)設立。同年5 月「楽天市場」を開設。現在、国内グループサービスの年間流通総額は5兆円を超える。

金丸:本日はお忙しいところ、ありがとうございます。

三木谷:こちらこそ、お招きいただきありがとうございます。

金丸:先日は、プライベートでシリコンバレーでのバーベキュー大会を開催されたとお伺いしました。

三木谷:はい、「Don’ t forget Japan」と銘打って、日本人のホスピタリティをシリコンバレーにもぜひ広めようと。イーロン・マスク(スペースX社CEO)、ラリー・エリソン(オラクルCTO兼取締役会長)、マーク・ベニオフ(セールスフォース・ドットコム会長兼CEO)など、IT系の大物の方々にたくさんお越しいただいて。60名ぐらいですかね。

金丸:お料理は和食を?

三木谷:日本からお鮨屋さんを呼んで、鮨と日本酒を。家族のパーティーでしたから、子供用にも出し物ということで、日本のアメ細工とかヨーヨーすくいをしましたね。

金丸:どんなものが受けましたか?

三木谷:ヨーヨーすくいはいまいちでしたが、お祭りでもらえるようなお面とか、あと、けん玉がすごく受けましたね! 日本からYOSHIKIさんがたまたま来ていたので、ピアノを弾いていただいたりもして。今ビジネスとして付き合っている方がそれほどいるわけじゃないですけど、そうやって、彼らとも仲良くなって。

【SPECIAL TALK】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ