• PR
  • 30周年を迎えた人気No.1のニューワールドワイン

    比較的遅咲きのワイン産地ながら、個性的なソーヴィニヨン・ブランで大きく躍進し、今また洗練されたピノ・ノワールで注目を浴びるニュージーランド。その発展を支えてきたワイナリーがクラウディー ベイだ。

    大自然が育むソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワール

    ニュージーランドといえばソーヴィニヨン・ブラン。ソーヴィニヨン・ブランといえばクラウディー ベイ。いまやこの国を代表するワイナリーに成長したクラウディー ベイは、1985年の創業。今年めでたく30周年を迎えた。

    海、川、山……。母なる大自然に恵まれたニュージーランドのマールボロ。この大自然がソーヴィニヨン・ブランやピノ・ノワールの栽培に貢献を果たすばかりか、これらのワインと素晴らしくマッチする食材を育む。ムール貝やホタテを求めて海へ、ニジマスを釣りに川へ、鹿を撃ちに山へ。食材探しの冒険「フォラージュ」が、NZ スタイル

    不毛の土地として見捨てられていた南島北端のマールボロに、最初のブドウが植えられたのは、クラウディー ベイの創業を遡ること12年前の1973年。

    さまざまな品種の中から、冷涼な気候と石ころだらけの痩せた土壌に適したソーヴィニヨン・ブランが、最高のパフォーマンスを発揮した。

    かつての牧草地は瞬く間に一面ブドウ畑へと様変わり。2万ヘクタールを優に超えるマールボロの栽培面積は、ニュージーランドにおける全ブドウ畑のじつに3分の2に相当する。

    近年はピノ・ノワールの品質もすこぶる向上し、赤白揃い踏みでワールドワイドなファインワイン市場での覇権を虎視眈々と狙うニュージーランド。その尖兵こそ、マールボロのクラウディー ベイなのである。

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ