麻布十番で焼き鳥デート!地鶏の魅力たっぷりの串を、ふたりきりのカウンターで楽しむ

昨年末、麻布十番に誕生した焼き鳥店『とり 難波』

カウンターのライブ感も兼ね備えた半個室空間と、地鶏の魅力を存分に味わえる串が、大人の焼き鳥デートを盛り上げる!



東京カレンダーアプリ(iOSの方Androidの方)のプレミアム会員になれば、発売中の月刊誌最新号も電子書籍で今すぐご覧いただけます!また、この記事から1クリックで、レストラン予約サイト「グルカレ by 東京カレンダー」へ。すぐに店の予約ができます!

焼き鳥のライブ感とふたりの密度が、濃厚な秘めたる空間へ

麻布十番『とり 難波』の内観

カウンターの臨場感はそのままに、人目を気にせずデートを楽しむことができる


艶やかな空間でデートに使える焼き鳥店が市民権を獲得して久しいが、“カウンターの一角に半個室”という粋な仕掛けに驚く『とり 難波』が、麻布十番に昨年末誕生。早くも注目を集めている。

多くの高級店も軒を連ねる焼き鳥激戦区にあって、コース8,800円という価格設定はかなり良心的。

惚れ込んだ地鶏の魅力が縦横無尽にほとばしる、この道32年の熟練仕事

麻布十番『とり 難波』の井口勝広氏

長年の知人であるオーナーから誘われ、最後の挑戦を決めた井口さん。こまめに返しながら、少しずつ火を入れる技は匠の域


それでいて焼き鳥職人歴32年の大ベテラン・井口勝広さんが、長年養った感覚で巧みに火入れする串を堪能できるのだから、満足度は高いはずだ。

「鶏は20%の水分をとった時が一番美味しい。そこを狙って少しずつ火を入れています」と焼かれた肉は、ジューシーで噛むほどに味わいが増す。

平飼いで育てられる香り高い「水郷赤鶏」は、井口さんが新たに採用した銘柄鶏で、ヨーグルト味噌に漬け込む手法でポテンシャルを最大限に。

麻布十番『とり 難波』の「手羽先」

皮と身のコントラストが堪らない「手羽先」


例えば手羽先でいうと、漬け込むことでコーティングされて皮と身の一体感が増し、旨みも引き立てられるのだ。

麻布十番『とり 難波』の「抱き身」


1本目はジューシーな「抱き身」。

麻布十番『とり 難波』の「はつ」


ハツ元も一緒に使い、旨みが凝縮した「はつ」。

麻布十番『とり 難波』の「せせり」


上質な脂が魅力の「せせり」。

麻布十番『とり 難波』の「ふりそで」


希少部位の「ふりそで」。

麻布十番『とり 難波』の「皮鮨」


タレに漬けて網焼きにした皮をのせた「皮鮨」。

麻布十番『とり 難波』の「ねぎま」


ももとねぎの食感を交互に楽しめる「ねぎま」。

麻布十番『とり 難波』の「つくね」


肉々しさをダイレクトに感じられる「つくね」。

麻布十番『とり 難波』の「玉子宝楽」


上がスフレで下が茶碗蒸しの「玉子宝楽」。

麻布十番『とり 難波』の「TKG」

キンカンとひと口ご飯を口内でマリアージュさせる「TKG」


そしてデートに嬉しいのが、冒頭のカウンターの右端が仕切りになった半個室で、焼きたてを味わいつつ、誰にも邪魔されずふたりきりの時間を過ごせること。

そんな空間での会話の盛り上がりを振り返った時、コースの価格は一層お得に感じるだろう。

コースは前菜から7種の串、デザートまで計15品と盛りだくさん。 ひとりお酒を3~4杯飲んでも2万円台だ。個室料もかからないので早めに押さえたい。

とり 難波(麻布十番) | デートに使える東京のレストランはグルカレで予約

▶このほか:2024年オープン!恵比寿・麻布十番・西麻布に誕生した、注目レストラン3選

東京カレンダー2024年8月号の表紙

さあ、月刊誌最新号「中華が変わった」を今すぐ手に入れよう!

今月の『東京カレンダー』は「東京中のお洒落中華」を大特集。デートに最適な人気店をまとめたこの1冊は、あなたの店選びのセンスを劇的に変える!

月刊誌『東京カレンダー』は、毎月21日頃(6月は21日)の発売です。お近くの書店、コンビニでお求めいただけます。
紙版をお求めの方はこちらから

また、買いに行く時間がない方、近くのお店で売り切れてしまっている方には、インターネットでの購入もお勧めです。
通常版はこちらから
特別増刊はこちらから

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!(通常版のみ)
⇒アプリでのご利用はこちらから(iOSの方Androidの方
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo